幸せに暮らしたいだけなのに

ズッキーニ

魔法の説明

全員の自己紹介が終わると、ルドルフさんはまた、話を始めた。
「次は、魔法の説明をするぞ。
魔法が使えない者達も聞いて損はないはずじゃ。さっきも言った通り、全ての魔法には【下】【中】【上】【超】【神】の5段階に別れておる。じゃが、【上】までは、探せばおるが、【超】を使えるものは数える程しかいないし、【神】に至っては、人間には扱えないとされているのう。
下級や上級でどれくらい変わるかは、回復魔法を例に出そう。下級で擦り傷を治し、中級で骨折や切り傷を治し、上級で致命傷や火傷を治す。超級で古傷や部位欠損を治し、神級で蘇生すると言われておる。ここまでは、理解出来たかの?」
さっきまでは仕方なく教えてる感じだったが、
今は、凄く楽しそうに話してる。
「そして、攻撃魔法でも、下級は木を砕き、中級は鉄の鎧を砕き、上級は百人程を殺す。超級では大国の軍を滅ぼし、神級は一国を滅ぼすと言われておる。分かったか?上級よりも強い魔法を使える者と出会ったら無事に帰れると思うな。今回は、これが分かれば良い。質問はあるか?」
すると沢村が、
「攻撃魔法と回復魔法は、なんとなく想像出来るのですが、補助魔法と妨害魔法は何が出来るのでしょうか?」
「補助魔法は、味方の強化や防御が出来るのう
妨害魔法は、相手の能力を低下させたり、感覚を狂わせたりできるのじゃが、これらの魔法は、超級と神級の魔法の存在を確認出来てないから、上級までしか教えることが出来ないからの。もし到達したら、逆に教えて欲しいの。」
冗談っぽく言ってるけど、目が笑ってない感じに見える。
「とりあえず今日は終わりで良いじゃろ。
これ以上話そうとしたら、止まれないし、魔法を使える者でないと、よく分からない話に入ってしまうからの。おーい!」
ルドルフさんが誰かを呼ぶように叫ぶと、メイド服を着た女性が、ルドルフさんの近くにずっといたかのように現れた。藍色の髪を編み込みヘアで纏めた美人で無表情を浮かべてるが、体の一部の主張が激しい。陽太も、「デケェ」と言葉を失う程に。
「では、ステラ、勇者様方をお部屋へお連れしろ。」
「かしこまりました。では、勇者様方、着いてきてくださいね。」
そして俺達はステラさんについて行った。
案内された場所は、王城の中の寮みたいな所だった。さすがに男女は階を分けるが、部屋が足りないのか2人で一部屋を使うことになった。
俺は陽太と同じ部屋になった。知らない奴と一緒にならなくて助かった。部屋を分ける前に、ステラさんに明日のことを少し教えてもらった。朝食後、さっきの場所(魔法訓練所と言うらしい)に魔法を使えるものは集まって、魔法を使えない者は、練兵場と言う所に行くらしい。
俺は疲れたので、風呂(高級らしい)に入ったあと直ぐにベッドに入り、寝た。陽太はまだ寝たくない様子だったが、俺が直ぐに寝てしまって、つまらないのかすぐに寝てた。

「幸せに暮らしたいだけなのに」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く