話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

なぜ俺は異世界に来てしまったのだろう?~ヘタレの勇者~

時雨古鷹

ここはどこ?


ああ……死ぬんだな。

せめてあいつらに喧嘩で……勝ちたかったな。

 薄れゆく意識の中で優はそう思った。

じっちゃん。今から行くよ。
















 重力を感じる。しかし地球の重力より少し弱い。優はおそるおそるまぶたを持ち上げると真っ白い空間、いや感じは白いが少しグラデーションがかかっている。

「生きていたのか。」

「いや、お前さんは死んでるぜ。」

「えっ」

 じっちゃんに似た声がした。

「久しぶりだな、優」

 しわがれた声、ビブラートのかかりよう。間違いない。じっちゃんだ。

「ごめん俺死んだよ。」

「親より早く死におって、頭冷やせ!だがあの女の子を助ける優の姿はかっこよかったぜ。」

「でも、俺いじめられてるしぜんぜんかっこよくなんかない!!」

「優、英雄になりたい。強くなってあいつらに復讐したいと思わんか。」

「俺が英雄になる?」

「ああ、そうだ。」

「でも死んでるし英雄になんかなれない………」

「いや、なれるさ。お前さんはもうすぐ違う世界にいくんだ。その前に神様とあってくるんだ。」

「でも神様とどうやって」

「簡単だ、俺がころす」

 背中にひやりと冷たい戦慄が走る。じっちゃんがナイフをだす。

「はあぁぁぁぁぁ!!」

「ガゴォォガヴ」

 優は人ともいえない雄叫びを上げ無防備に突っ込んだ。












グサッ




「期待してるぜ、優」

「なぜ俺は異世界に来てしまったのだろう?~ヘタレの勇者~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く