神々に選ばれた少女 ~チートスキルでがんばります~

夢見叶

間話 神々の集い

 スズカが転生してから1ヵ月が経ったある日のこと。神々がとある場所に集められていた。


 とうとうこの日が来たのでね。などと考えながら歩いていると、突然後ろから声をかけられた。


 「お前らも来てたのかよ。フィート。」


 声をかけてきたのは、頭に2本の角を生やした龍人族の神のアギドだった。


 「あなたこそ来ていたのですか。めんどくさいとか言ってこないものとばかり思っていました。」


 「さすがに今回ばかりはそんなことを言ってられねえだろ。何せ、現全知全能の神ゼラス様直々の招集だぜ。」


 「そうですね。他の神々も集められているところを見ると、いよいよ始まるようですね。」


 フィートが続きを話そうとしたところで、前方の階段の上から1人の男が現れた。


 「神々よ、我の招集に答えてくれたこと感謝する。そして、この場を持って、次の全知全能の神を決める戦いの開始をここに宣言する。」


 男の宣言によって全知全能の神を決める戦いの始まりが宣言された。


 とうとう始まる。私はそう思った。


 それからこの戦いについての説明が行われたた。


 まずこの戦いは、神4人で1グループで全8グループで争われる。全知全能の神になれるの最後に残ったグループの創造神である。
 戦いでは、神同士が直接戦わず、神が選んだ人や転生者が代行人として戦うことになる。神の代行者になる者達には、赤いルビーのついた指輪が配られ、それを全て集めた者がいるグループの勝利となる。
 代行者は1度だけ神と同じ力を行使することが出来る。神たちからの助言は出来るが、新たに力を与えること出来ない。殺すことは原則禁止、これを破った者は失格とする。ただし不可抗力で殺してしまった場合はそれに含まない。
 開始は1年後、それまでにぞれぞれの代行者に指輪を渡し準備をしておくことだそうだ。


 説明が終わると、周りにいた神達が一斉にそれぞれのグループごとに集まりだした。私も他の3人と急いで合流した。


 「いよいよ始まるの。覚悟はしていたが、どうやってスズカに話そうかの。」


 武神であるカイトは顎に手を置き頭をひねりながらつぶやいた。


 「しょうがないでしょ。もう開始の宣言がされちゃったんだから。それよりもよ。他のグループは多分4人代行者がいるはずよ。それに比べて私たちにはスズカしか以内、その辺りはどう考えているのかしら我が創造神のフィート様」


 「そうですね。スズカには、私たち4人の内3人の加護を与えているわ。あの子を信じましょ。それにこの戦いで死ぬ事はないんですからあの子を信じましょ。」


 などと話していると、


 「これにて解散とします。では皆様頑張ってください。」


 男は最後の言葉を言い終わるとすぐ後ろの通路へと消えていった。男がいなくなると他の神々もそれぞれの空間へと帰って行った。


 「私たちも帰りましょう。これからの事についていろいろと話し合わないといけないしね。」


と、言い。私たち4人も自分たちの空間へと帰って行った。






 






 

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く