神々に選ばれた少女 ~チートスキルでがんばります~

夢見叶

第17話 ダンジョン3

 ガイコツ騎士達は、目の前にいきなり人間が現れたことで、少し混乱していた。


 私は、ユリアさんに回復魔法のキュアヒールをかけてからガイコツ達の方に向き直った。ガイコツ達も、すぐさま標的を私に変えて襲いかかってきた。私は、後衛の矢をウインドシールドで防いだ。それと同時に、前衛3体のガイコツ騎士の能力を奪い、剣で相手の骨を砕き倒した。その後、弓士達の下へ近づきガイコツ騎士達と同じ要領で倒していった。






 モンスターとの戦闘が終わり、ユリアさんの元へ駆け寄った。


 「ユリアさん。ソマリさん大丈夫ですか? 目を覚ましてください。」


 私は、気を失ったままのユリアさんに声をかけ続けた。10回ほど声をかけたときソマリさんの目が開いた。


 「私はどうなったの?」


ユリアさんは、おぼつかない口調で呟いた。それを見た私は、目に涙を浮かべて


 「よかった。 目を覚ましてくれて本当によかった。もう大丈夫ですよ。」


と、呟くと私は、ユリアさんに抱きついて大声で泣いていた。少しづつ意識が戻ってきたソマリさんは、泣いている私の頭を優しくなでながら、


 「心配かけてごめんね。」


と、耳元でささやいた。




 それから、ユリアさんに回復魔法のキュアヒールをかけ、傷を少しづつ回復させた。回復魔法を使えることに少し驚かれたはしたものの、すぐに我に返ったユリアさんは、今後についてどうしようかと聞いてきた。


 「スズカさん、これからどうしたらいいと思いますか?」 


 「さんはやめてください。スズカでいいですよ。」


 「では、スズカと呼ばせてもらうわね。でどうしたらいいと思う?」


 「仲間達を探しましょう。」


と、私はソマリさんに告げた。このままここにいてもただ時間が過ぎていくだけで状況は何も変わらないと私は考えていた。




 「私もそれしかないと思うわ。でももう少し休ませてもらっていいかしら?」


 「はい大丈夫です。周囲の警戒は私がしておきますのでゆっくりと休んでいてください。」


 それから、20分ほど軽い食事を取り休み、私とユリアさんは仲間達探しに動き始めた。




 探し始めてから1時間ほどで弓士のソマリさんと再会できた。奇跡的に彼女は、目を覚ましてからモンスターに遭遇することはなく無傷で私たちと再会できた。


 それから、モンスターとの戦闘も何回かあったがそれも難なく倒していき、他の仲間達とも無事再会することが出来た。メンバーも6人揃い上の階を目指し階段の探索を再開した。2層ではモンスターとの戦闘を数回繰り返しつつ次の階へいける階段を見つけることが出来た。探索をしているときは、スキル神眼の解析を使い罠がないかと確認をしながら進んでいた。


 3層では、数回のモンスターとの戦闘はあったが下の層と同じモンスターだった為あっさりと倒し次の階への階段を見つけることが出来た。


 4層は、今までの階層とは少し違い、広い空間が広がっていた。部屋の真ん中には、体を縫われた後のある、大きなライオンのようなモンスターが横になっていた。その奥には次の階層への階段が見えておりこのモンスターは、階段を守ってるいるように見えた。


 「カルロスさんどうしますか?」


と、私が聞くと、




 「戦うしかないだろうな。ソマリやあのモンスターのレベルは分かるかの。」


 「レベルは、60です。それに名前にはデーモンリオンと出ております。」


と、カルロスさんに聞かれたソマリさんは答えた。私もスキルを使いモンスターのスキルを確認すると、




---------------------------
デーモンリオン
LV 60
生命力 310
筋力  262
防御力 284
俊敏性 303
魔力  320


スキル 火属性魔法9 闇属性魔法7 水耐性6 威圧  自己再生


---------------------------


ステータスが300前後も有り、スキルには自己再生を持っていた。


 「まずいの。デーモンリオス言う名は聞いたことがあるわい。確かAランクモンスターだったずじゃ。」


と、カルロスさんが少し頭を悩ましながら呟いた。基本的にAランクのモンスターを狩るにはAランクパーティーが5組ほど集まりって狩るのが普通である。今はAランクパーティーとEランク冒険者が1人。カルロス以外の心の目のメンバーは、カルロスのつぶやきを聞き少し顔が青くなっていた。


 皆がここで引き返そうと思ったそのとき、目の前で横になっていたデーモンリオスが起き上がりこちらを見てきた。カルロスが、


 「全員撤退。階段に向かって全力で走ってしたの階へ降りろーー」


と、カルロスが叫び走り出そうとしたときにすでに遅くさっきまで部屋の真ん中にいたモンスターが私達の目の前に移動していた。





「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く