神々に選ばれた少女 ~チートスキルでがんばります~

夢見叶

第14話 ギルド長からの呼び出し

 今、自分が何を聞いたのか分からなくなった。昼前に感じた揺れがダンジョンの出現によって起こったことなんて、早くギルド真津ターに伝えないと。


 受付にいたエマは、血相を変えてギルドマスターのいる部屋をノックした。


 「どん!どん!・・・・」


 「うるさいの、そんなに叩かんでも聞こえとるわい。いったい何があったんじゃい。」


 「はぁはぁ、すいません。ギルドマスターダンジョンが現れたと報告がありまして、早急にお伝えしないと思いまして。」


 「何、ダンジョンじゃと、それはご苦労だった。」


そう言うと、ギルドマスターはすぐに部屋を出てAランクパーティーの心の目を呼び部屋に戻っていった。


それから数分、心の目との話し合いをしていたギルドマスターが、部屋を出てきて、


 「エマ。すまんが、Eランク冒険者のスズカカミナギを呼んできてもらえないか。」


と、頼まれた。今回の件になぜEランク冒険者が必要なのか分からないがギルドマスターが呼べというのだから何かがあるのだろうと思った。エマは、スズカを呼びに行った。








 執務室に呼ばれた鈴花は、なぜ自分がここに呼ばれたのか分からずに頭に?マークを浮かべていた。


 「急に呼び出してすまんかったの。わしはこの町の冒険者ギルドのギルドマスターをしておるダンじゃよろしくの。」


 「はい。こちらこそよろしくお願いいたします。」


 「急で悪いが本題に入らせてもらってもよいかな?」


 「はい。お願いいたします。」


 「よし。 ではまずスズカ殿をここに呼んだのは、ダンジョン調査のメンバーにとここにいる心の目のリーダーであるカルロスよりの申し出があったからじゃ。」


と、言われた鈴花は何のことか分からず、頭をひねっていると、


 「先日の昇格試験でお主の実力を見て今回の調査依頼にどうかと思っての。」


と、カルロスが説明してくれた。


 「それにこの話はお主にとっても悪い話ではないぞ。」


 「どういうことですか?」


 「今回この依頼を成功させたときの報酬として、お主を飛び級で試験なしにCランクへの昇級を約束させた。先日も言ったが、お主の実力はすでにCランク以上はあると思っておる。じゃから、この依頼の成功を口実に飛び級での昇格を願い出たのじゃ。」


 「わしもカルロスの話を聞いて、Cランク以上の実力がある物をEランクで遊ばせておく余裕はないからな。じゃからこの提案をのむことにしたのじゃよ。どうかの?」


 「そうなんですね。とてもありがたい提案だと思います。ですのでこの依頼謹んでお受けさせていただきます。」


と、答えると、


 「その言葉を聞けてよかった。では、ダンジョンの話に戻らせてもらおうかの。ところでスズカ殿はダンジョンにいて何処まで知っておるかの?」


と、ギルドマスターに聞かれたので、フィナに聞いたことをそのまま話した。


 「ある程度は知っておるようで安心したわい。でじゃ、今回のダンジョンじゃが話から推測するに中規模ダンジョンに当たると思う。それでじゃが、今回のダンジョン調査の依頼はお主達心の目の5人と、スズカ殿を合わした6人で行ってもらおうと思うのじゃがどうだろうか。」


と、言うギルドマスターの言葉にカルロスは、


 「わしもそれでいいと思うぞ。この町にCランク以上でこの依頼に適しているやつもおらんし。逆に人数を増やすと邪魔になるしの。」


と、カルロスの言葉で、今回の依頼は、6人で行くことになった。メンバーは、心の目のリーダーカルロスと、副リーダーのユリア、イブキ、ソマリ、ケイの5人に鈴花を合わしたメンバーである。


 それから、心の目との自己紹介が行われた。


 「私はこの心の目の副リーダーをしているユリアです。魔道士でレベルは40です。よろしくお願いします。」


まず最初に自己紹介してくれたのは心の目の副リーダーのユリアと言う女性だった。レベルもそこそこ高くしっかりしているように見えた。


 「俺の名前は、イブキこのパーティーでは、盾職をしている。レベルは39よろしくな。」


 「俺は、ケイ。前衛で剣士をしている。レベルは34だ。よろしく。」


 「私は、ソマリいいます。弓士をさせていただいております。レベルは30です。よろしくお願いいたしやす。」


と、全員挨拶をしてくれた。それぞれレベルも高くさすがAランクパーティーだと思う。最後に鈴花が自己紹介をした。 


 「最後に失礼します。私は、スズカカミナギと申します。レベルは20です。先日の昇格試験でEランクに上がったばかりですので、皆様にご迷惑をお掛けするかもしれませんがよろしくお願いいたします。」


と、軽い挨拶をした。その後レベルが20もあることや、性について聞かれたが、冒険者の暗黙の掟で相手を詮索しないのではと行ってみると、質問は止まった。


 その後、これからの予定について話し合いが終わった後本日は解散になった。予定は、明日はダンジョンに潜るに当たっての、備品の買い出しになった。出発は、2日後の朝にギルド前に集合の後向かうことになったのだった。



「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く