神々に選ばれた少女 ~チートスキルでがんばります~

夢見叶

第13話 初めての討伐依頼

 昇格試験より1日がたった。昨日は休日として1日町の中をぶらぶらと歩いたりした。


今日は、ランクアップしてDランクの依頼を受けれるようになったので、討伐依頼を受けようと思いギルドに来て依頼掲示板の前で何かいい依頼はないかと探していた。見渡していると、右下にDランクの依頼でワイルドボアを6体討伐銀貨3枚の依頼を見つけた。鈴花は、これにしようと思い依頼の紙を取り受付へ持っていた。


 「すみません。この依頼を受けたいのですがいいですか?」


 「スズカ様、おはようございます。こちらの依頼ですね。確認させていただきます。」


と、受付にいたハルメアが確認してくれた。


 「Dランクの討伐依頼ですね。承りました。期限は、本日中になりますのでお気をつけください。ランクは1つ上の依頼になりますが、スズカ様なら大丈夫ですね。」


 「はい。では行ってきます。」


と、言って受付を後にした。




 町を出て人気ひとけのないところへ行って、テレポートを使いいつも薬草などを採取している西の森やってきた。  




 森にやってきた鈴花は、索敵を使い近くのモンスターの反応を探す。索敵を使うのは、熟練度を上げるためである。そして、スキルの神眼の解析を使い周囲のステータス全て調べて目的のモンスターがないかを調べる。3体を発見した。


 鈴花は、ストレージよりライトニングブレードを取り出し、いちばん近くのワイルドボアの所まで近づき強奪でスキルとステータスを奪い一刀両断して倒した。


確認が取れた3体のワイルドボアを倒し、もう1度スキルを使い辺りを調べるが、モンスターの反応はなかったため、とりあえず薬草を採取しストレージに収納している、辺りの地面が揺れ始めた。10分ほどその揺れが続きいたがそれは次第に収まっていき、静かな森へと戻っていった。


 「フィナ、今の揺れ何だったのかな。かなり大きな揺れだったけど?」


 「さあね、私にも分からないわ。とりあえずこの依頼を終わらせて町に帰ってからギルドで聞いて見ましょ。何か分かるでしょ。」


 「そうね、じゃあ後3体頑張りますか。」


 それから2時間ほど探し回り残りの3体を発見し倒した。ワイルドボア3体を倒した後、すぐさまテレポートを使い町の近くに戻るとそのまま門を通りギルドまで急いで戻った。




 「すみません。依頼の報告いいですか?」


 「お帰りなさいませ。大丈夫ですよ。」


と、言われ受付カウンターに証拠部位を出して確認してもらた。


 「証拠部位6体分確かに確認させていただきました。こちらが報酬の銀貨3枚になります。」


鈴花は、報酬の銀貨3枚をストレージに収納すると、森にいたときに起こった揺れについて聞いて見た。


 「ハルメアさん。2時間ほど前にあった揺れのことなんですがなにか知りませんか?」


 「すみません。こちらでもただいま確認中でござます。もうしばらくお待ちください。」


まだギルドでも調査中のようで詳しい情報は入ってきてないらしい。まだお昼を少し過ぎた位だった。いるもなら、森の中で食べれるものを探しお昼にしていたが、せっかくギルドにいるのでここの食堂でご飯でも食べてみようと思い向かった。


 ギルドの食堂は2階に有り、までお昼と言うことも有り少し賑わっていた。そこでパンとサラダにスープを頼み食べた。




 お昼を食べ終わり1階に降りると、ギルドの入り口から、大慌てで入ってくる1人男性の姿があった。その男は、受付に行くと、


 「東に2キロほど行ったところにダンジョンが現れた。それもそこそこ大きい。」


と男性が行っているのが聞こえてきた。それを聞いた受付の1人が、すぐさま奥へと入っていた。それから数分して、受付の奥から、先ほどの受付嬢と男が1人出てきた。


 「Aランクパーティーの心の目はおるか?」


 「急にどうしたんだい、ギルドマスターよ。」


と、2階から降りてきたカルロスが答えた。


 「すぐにギルドマスター室まで来てくれ、大至急にだ。」


と、言いギルドマスターはまた奥に消えていった。その後、ギルドマスターを追いかけてカルロスとそのメンバーの他の4人と先ほどの受付嬢がギルドマスター室に入っていった。


 ギルド内にいた人たちがダンジョンについて口々に話していた。鈴花は、フィナにダンジョンについて聞いて見た。


 「フィナ、ダンジョンって何?」


 「ダンジョンていうのはね。ときたま町の近くに姿を現し、数年ほど町の近くに滞留しまた消えていくわ。ダンジョンの中には、いろいろな宝箱があり貴重な武器や魔道書などが発見されているわ。スズカが買った空間属性魔法の魔道書もダンジョンで発見された物ね。ただ、中のモンスターが強いため、挑戦できる冒険者が少ないわ。だからまずは一番ランクの高いパーティーに調査に行かせようと考えてAランクパーティーの心の目が呼ばれたんじゃないかしらね。」


 「なるほどね。ありがとうフィナ。」


 「別にいいのよ。私は、あなたの案内役なのだから。」


と、フィナと心の中で会話をしていると先ほどの受付嬢が鈴花の元へと駆け寄ってきて、


 「ギルドマスターが、スズカ様をお呼びですので、ギルドマスター室へどうぞ。」


と、いわれ部屋へと案内された。

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く