神々に選ばれた少女 ~チートスキルでがんばります~

夢見叶

第9話 依頼完了

 ワイルドボアは、鈴花が剣を構えても御構い無しに突進を止めることはなく突っ込んできた。  


 「少しは勢いを緩めてくれたら楽なんだけど。」


 「そんなわけないでしょ。突進するしか脳ない奴なんだから。ほら来たわよ。」
 

 「わかってる。」


鈴花は、突進してくるワイルドボアのステータスを確認した。


---------------------------
ワイルドボア
LV 5
生命力  34
筋力    28
防御力  26
俊敏性  27
魔力    30


スキル 雷属性魔法2  雷耐性2


---------------------------


 ステータスを確認して、さすがに今まで戦ってきたモンスター達とはレベルが違うと思った。
ワイルドボアは、鈴花に突進するために近づいてきて鈴花の半径5メートル以内に入ってきたので、スキル強奪でステータスとスキルを奪い、スピードの落ちたワイルドボアに近づき、右手で持っていた剣で一刀両断した。


 「お見事!スズカ流石ね。綺麗な剣筋だったわよ。」


 「ありがとう。」


 「ワイルドボアは口の両端についている牙が証拠部位だからせっかくだから回収しときましょ。」


 「りょかーい。」


と、フィナに答えて、ワイルドボアの牙をストレージに収納して町へ向かい出発した。


 鈴花達が町に着いたの丁度日が真上から少し西へ方向へ傾いていた。町の入り口では、ギルドカードを提示するだけで通しもらえた。そのままギルドへ向かい、朝と同じ受付嬢さんがいたので、


 「すいません。依頼が終わったので、報告したいのですがいいですか。」


 「はいいいですよ。」


 「これだけお願いいします。」


 「あらすごいですね。初めてでこの量数えますので少々お待ちください。」


鈴花は、受付に今日取った分の半分の50本を出し後をまた後日に同じ依頼があれば受けその時に出そうとおもっていた。


 「集計が終わりました。全部で50本ですね。銅貨50枚になります。」


 銅貨を受け取りつつ、


 「すいませんが、よい武器屋を知っていたら教えてもらえないでしょうか?」


と、聞いてみた。


 「それでしたら、ギルドを出てから南に20分くらいのところにギルドおすすめの武器屋がありますよ。お店の名前は、ミロクって店になります。紹介状を書きますので少しお待ちください。」


 「はい、ありがとうございます。」


と、言い待っていると、


 「こちらが紹介状になります。そちらと、ギルドカードを見せると少し安くなりますよ。」


と、教えてくれた。


 鈴花は、『ありがとうございます』と、一言いいギルドを後にした。
 (あっ、そういえばまた受付嬢さんの名前聞き忘れた。)と思い次に訪れた時に聞いてみようと決めるのだった。




 歩くこと20分位歩くと教えてもらった、武器屋が見えてきた。中に入ると壁には剣や盾が掛けてあり、その下の棚の中には、魔導書が少しではあるが置いてあった。店の奥の方を見てみると、1人の男性がいた。その男性がこちらに気ずいた。


 「おい嬢ちゃん。ここはあんたみたいのが来るとかじゃないよ。帰んな。」


 「あのすいません。冒険者ギルドの紹介できました。これが紹介状とギルドカードです。」


と、男に見せると、


 「わりいな、あんたが冒険者だとは思わんなんだ。俺の名前はミロクだ。まあ、自由に見ってくれや。」


と、言われた。鈴花は、魔導書に興味を惹かれ見ていると、空間属性魔法の魔導書を見つけた。




 「あの~すいません。少し聞きたいことがあるのですが、いいでしょうか。」


と、ミロクに聞いてみると、


 「おおなんだ。なんでも聞いてくれ。」


 「はい。 ここにある魔導書なのですが、その中に一つ気になるものがありまして。これなのですが。」


と、空間属性魔法の魔導書をミロクに見せると、


 「あ~あ、これか。これは書いてある通り空間属性の魔法を覚えられる魔導書だ。」


 「やっぱりそうなんですね。でも、この魔導書だけ周りの魔導書に比べてかなりお高いようですがそれはなぜなのですか?」


 「それはな、その魔法は、魔導書以外からは習得できん。そして一番厄介なのは、魔導書はダンジョンからしか見つからんから、それが合わさって、その価格になっているんだ。」


と、聞きそこまでレアならかなり役に立つのではと思い『これください』と、ミロクに言った。




 「おいおい、Fランクでその魔導書を変えるお金があるわけないだろう。冷やかしならやめてくれ。」


 「冷やかしじゃないですよ。この魔導書位なら余裕ですよ。」


と、言いミロクに魔導書の価格分のお金を出しミロクに渡すと、


 「まあうちは、お金さえ払ってもらえればいいんだが。だがこんな大金一体どうしたんだい。」


 「それは、うちの死んだ両親が私の為にと残してくれたものなんです。」


 「そんなお金使っちまっていいのか。」


 「いいんですよ。母も自分のためになることに使いなさいと言われましたので。」


 「よし、その魔導書は、嬢ちゃんに売った。 紹介状もあるから少し値引きしてやるよ。」


と、言われ、魔導書の金額、白金1枚と金貨5枚支払い魔導書をミロクから受け取り、簡単に魔導書について聞いてから、


「また何かありましたら寄らせていただきますので、その時はよろしくお願いいたします。」


と、だけ伝え武器屋を後にした。


 宿に帰ってから、夕食を食べて自分の部屋に戻った。そこで、今日買った魔導書を開き読もうとした。


 「読めないな~  でも確か、ミロクさんが言うには、目で追うだけで覚えられるって言ってたな。」


と、ミロクから聞いたことを思い出しながら読んでいき、最後のページまで見終わると、自分のステータスを確認し、空間属性魔法んおスキルが追加されていることが確認できたので、今日は寝ることにした。


 「また明日もがんばるぞ~」


と、言い布団に入りフィナに「おやすみ」と言い睡眠についた。









「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く