話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

挫折した召喚勇者は転生勇者の師匠になりました (タイトル変更)

チョーカー

○○では出られない部屋

 「また幼子が増えてしまいましたか!」

 屋敷に帰ると同時にメイドの叫び声が響いた。

 そのまま、しなを作るような動作で座り込み、「よよよ……」と泣くような演技を始めた。

するとインターはメイドを指差すと――――

「どうして、この方は変な演技を?」

「おい、やめてやれ! 初対面の人間に指摘され、うちのメイドの顔が真っ赤になってるじゃないか!」

「察するに、キョウさんが幼い少女を連れて帰るのは珍しくない様子ですね」

「おい、やめろ。 俺に飛び火してくるな」

「なるほど…… 定期的に訳ありの子供を助けているようですね」

 階段付近の傷、玄関の汚れに視線を向け「何、初歩的な推理ですよ」とインターは、そう付け加えた。

「なに? 君、シャーロック・ホームズなの?」

「シャー? いえ、インターですが…… それよりも、彼女がキョウさんがロリコン扱いするのは彼女の願望ではないでしょうか? かつて自分も――――」

「おっと、それ以上は戦争ですよ?」とメイドが立ち上がった。

その口調からは、普段のおちゃらけが消え去り、その視線は殺意を秘めていた。

「……こういう時は地雷を踏んだというのでしょう。踏み込みすぎてはいけないと学習しました」

はて? どうしてだ?

俺をロリコン扱いしている理由を話されるのを、うちのメイドは嫌ってるんだ?

それもマジ切れで殺意振りまくレベルで…… 心当たりはないのだが……

「そんなことより……」と俺はメイドに近づき、耳元で――――


「緊急収集を頼む」


 そう呟いた。 今まで顔が真っ赤になっていたり、ブチ切れていりしていたメイドの顔から表情が抜け落ちて、真顔になった。

「わかりました。今からだと……明日の朝に連絡が取れるでしょう」


 ・ ・ ・

 ・ ・ ・ ・ ・ ・

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


 ―――翌朝―――


「誰からも連絡こないじゃねぇか!」

「昨日の夜の段階でコチラからの連絡は受け取っているはずなのですが……」


俺の声が大きかったのか、「なになに?」とアイルとインターもやってきた。

「昔の仲間に連絡を取ろうとしたんだよ。 ダンジョンが暴走。世界がヤバイってな!」

見事に既読スルーされた! いや、そういうシステムじゃないけど!

「あのイケメンドワーフに美形エルフめ! 何が気に食わない!」

「失礼ながら、自分の思い通りにならないと癇癪を起こす所が気に食わない1つなのではないでしょうか?」

「……」とメイドの一言で冷静さを取り戻した。どうやら、人間は怒りの限界を超えると冷静になるって話は本当らしい。


「ん? アンタの仲間って勇者パーティの連中でしょ? 来るの?」とアイル。

不思議と勇者本人である俺にはないリスペクトのようなものを感じる。

「誘ったんだけど、無反応決め込んでるだよ。あの2人は」

「2人? あれ? だって勇者パーティは……」とアイルは言葉を止める。

俺が勇者である事を辞める原因は話している。 仲間の死という事柄、言い難い話題なのだろうが……

たぶん、アイルが不思議がっているのは人数の事だろう。


「言ってなかったなぁ……」と俺は呟く。


俺 ドワーフ エルフ サムライ そして、亡くなったキャスター。 

俺たちはこの5人メンバーだった。 なら、どうしてドワーフとエルフだけ連絡と取ろうとしているのか、その理由は――――


「危ない キョウさん!」とインター。

 それと同時に「ご主人さま」とメイドが飛びついてきた。

「な、何が!」と混乱パニック

 反応できずに地面に押し倒される。 ――――その直後だった。


 破壊音

 俺の背後にあった窓は粉々に砕け散り、俺の正面にあったドアは、大きな風穴ができていた。


「狙撃です。頭を下げてください」

 メイドの声で、俺は瞬時に状況を判断する。

何者かが、俺を狙って遠距離攻撃を仕掛けてきている。

狙撃ポイントは……どこだ? 地形的に破壊された窓よりも高い位置は思い当たらない。

この場所では『創造者の地図クリエイティブマップ』は使用できない。だから俺は脳裏に地図を浮かべる。

近くではない。 相当の遠距離。 つまり、凄腕の狙撃手が敵だ。

困った事にこの部屋の出口は1つ。 いや、破壊された窓を加えて2つか。

そして、もう1つの出入り口は、大穴が空いたドア。

厄介な事に2箇所とも、狙撃のライン上にある。

つまり、俺たち4人は、この部屋から単独では出られないという事だ。 


  

「挫折した召喚勇者は転生勇者の師匠になりました (タイトル変更)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く