話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

挫折した召喚勇者は転生勇者の師匠になりました (タイトル変更)

チョーカー

勇者キョウの日常と変化の兆し

 ―――現在―――


 「ご主人さま。時間です。起きて下さいご主人さま」


 メイドに揺さぶられて俺は目を覚ます。

 だが、ほんの少しのいたずら心を出して、寝たふりを続ける。

 「ご主人さま……」とメイドは、少し困った顔を見せた。

 うん、可愛いと心の中でガッツポーズをとっていると頭は軽く叩かれた。

 「痛ッ!」

 「もう、そんなに痛いはずはありません。何時までも寝ているのが悪いのですよ」


 頬を膨らませて、文句を言う様子も可愛い。


「うん、今日も俺のメイドは可愛いな」

「はいはい、可愛いのは当然ですから早く準備をしてくださいね」


軽くあしらわれた。初めて会った頃だったら、顔を真っ赤に染めて、あたふたしていたのに……


「いい加減にしないとセクハラで訴えますからね」

「……どこで覚えてくるのさ。そんな言葉?」


俺―――― 早風教雅はやかぜ きょうまさの毎朝はこんな感じだ。


・ ・ ・

・ ・ ・ ・ ・ ・

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 

「本日のスケジュールは、午前に第五王子さまの御子息への剣術指南。午後からは冒険者ギルド第三者委員会の代表として、ギルドマスターとの対話となっております」


贅を尽くしたような朝食を前にメイドは今日のスケジュールを読み上げている。

現在の俺は貴族だ。

冒険者時代の功績から爵位を受けた。

正直、デュークとか、ロードとか、ナイトとか、サーとか、よくわからない。

俺の知ってるデュークなんてデューク東郷か、デューク更家くらいなもんだ。

まぁ、名誉職みたいなものと割り切って、講習会セミナーなどで冒険者時代の体験談を語ったり、貴族の子供に戦い方を教えて収入を得ている。

金銭の管理はメイドに任せていて詳しい事はわからないが、それでも凄い収入になっているらしい。

普通、剣術にしても、魔法にしても、地味な基本の繰り返しだが……

雇用主は、そんな事を望んでいるわけではない。

ほしがっているのは箔だ。

俺と言う世界最強の冒険者に息子が指南を受けているという箔ってのがほしいだけだ。

だから、簡単な運動程度の稽古と、「貴方にだけ秘術を教えます」と少しくらい大げさに技を教えるくらいで顧客は満足してくれるのだ。

そんな感じで第五王子の子供に稽古をつけた午前は終わり、次に冒険者ギルドに移動した。

冒険者ギルドとは、その名の通りだ。

冒険者たちに依頼クエストとして仕事を斡旋する派遣会社みたいなものだ。

あと、周囲のダンジョンの情報を収集したり……まぁいろいろやってる。

移動の馬車は冒険者ギルドより、少し前で止まった。


「どうした?」と俺は馬車を操る従者に聞いた。


「ギルドの前で人だかりができてます」


「喧嘩か?」と俺は従者の答えを聞くよりも早く馬車を出た。

 場所は冒険者ギルドの前とあって、俺が少し歩くだけで声があがる。


「あれ、キョウだ」

「勇者キョウが来たぞ」

「ばかっ! 何やってる! 彼に道を譲れよ」 



 俺に気づいた野次馬たちは、左右に分かれて道を開けた。

 まるで赤絨毯レッドカーペットを歩くハリウッドスターのような扱いだ。

 騒動の真ん中で俺は足を止めた。

 冒険者らしき男が3人倒れている。 やはり喧嘩のようだ。

 「それで何があった? 説明できる者は?」と俺は周囲を見渡した。

 冒険者たちは、漁師のように気が荒い。喧嘩は日常茶飯事だ。

 しかし、喧嘩早い彼らとは言え、街中で剣を抜いたり、魔法を使用して人を傷つければ、それ相当の罰則を受けてもらわなければならない。


「キョウさま、実は子供が……」


そう言うのは倒れた冒険者を介護している女性だ。彼女の冒険者のようで倒れている男たちとは仲間のようだ。


「子供がこれをやったというのか?」


俺は顔をしかめてみせた。

本心を言えば「子供? またまたご冗談を」って感じだが、貴族さまには威厳というのが必要らしい。 迂闊な事を言えなくて、正直つらりん。

俺が気分を害したと思ったのだろう。

女性冒険者は勢いよく話し始めた。 すっごい早口だった。


「実は、最近、子供がギルドの周辺を現れて聞いて回っているのです。……その……キョウは? 勇者キョウは、どこに行けば会えるのか? そう聞きまわっているそうで……」


え? もしかして原因、俺?

いやいや、知らんて。 子供とか、心当たりないわ。マジないわ。

ちなみに隠し子とかいないからね?

俺は、内心を隠して「うむ……」と考え込むような仕草を見せる。


「この件はギルドに正式に調査の依頼を出そう。君は仲間たちの治療に勤しみたまえ」


それらしい言葉で誤魔化し、俺は足を速めて冒険者ギルドの中に入った。
  

「挫折した召喚勇者は転生勇者の師匠になりました (タイトル変更)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く