金属魔法の使い方

バリウム

ガンセンス。

「でえぇぇぇや!!。」

リンはガンゴリウムの攻撃を避けて槍の刃先を脇下に入れる。

やはり錆び付いた刃ではあまり通らなく、目立った傷にはならない。

くっ!、攻撃してるとわかる、もうすぐ刃が折れそう....!。

リンは軽やかに攻撃を避け続け、5回目の攻撃でソニックインパクトを使い、思いっきり槍を突く。

リンは7年の間に一つスキルを覚えた、それがソニックインパクトである。

ソニックインパクトは一定の距離を音速で行動し、そのまま敵に攻撃することでその勢いを威力に変換する事で凄い威力になるのだ。

これは三回連続で使えるがそれ以上に使うと止まれなくなって人間ミサイルみたいになる、最悪四肢がもげることもあるかも知れないのでそれ以上の使用は避ける事にした。

そんな事でガンゴリウムの胸元に思いっきり槍で突く。

すると鐘が鳴ったような音と同時に刃先が真っ二つに割れた。

半分はガンゴリウムの胸元に刺さりっぱなしでもう半分は槍だった棒についたままだった。

これじゃあ攻撃をしてもダメージにならない....!!。

ガンゴリウムの胸元には刃が刺さったままだか、痛みを感じていないのか攻撃の手を緩めない、リンはそれをずっと避けているが当たるのも時間の問題だ。

そんな時、研究者が草むらから頭を出してあるものを二つ投げた。

「リンさん、これ使って!、気休め程度にしかならないかもだけど....使い方は教えた筈だ!。」

リンは攻撃を避けて少し下がり、ワンバウンドした研究者が投げたものを転がりながら手に取る。

見るとそれは二丁の拳銃だった。

「でも、これ!!。」

当たらないのよね。

驚くほどに当たらない。

前に研究者に教えてもらって何日か練習したけど、7メートルを超えると全く当たらなくなる。

だが、武器はもうこれしかない。

「く....!、仕方ない!!。」

銃のハンマーを前に向けてガンゴリウムの懐に飛び込む。

ガンゴリウムは一瞬身を引こうとしたがすぐに立ち止まり右フックをを繰り出す。

が、リンは深く潜って避け、近づいたガンゴリウムの顔をハンマーで思いっきり二回殴った。

怯んだガンゴリウムだが、気合で目を見開く。

するとリンはすでに居なかった。

必死に探すが見つからない。

「ウガ??.............ガ!!。」

ガンゴリウムの背中から血が流れる。

リンが3発弾を撃ったのだ。

銃の弾が当たらないのなら当たる距離まで近づいてねじ込めばいいのだ、つまり零距離射撃である。

慌てて後ろを振り返るガンゴリウム。

すると次は胸元から痛みが走る。

リンが5発また弾を撃った。

流石に力尽きたのか、ガンゴリウムは白目を剥いて倒れ込んだ。

「実戦で使ってみると意外に便利ね、ありがと。」

そう言いながらリンは拳銃を返す。

研究者は、ああ....と言って考えが纏まらないまま受け取る。

「ん?、どうしたのよ。」

「ああいやリンさんがそんなに臨機応変に対応できると思ってなくて驚いたよ。」

「今のはたまたま、次あんなの襲ってきたらたまったもんじゃないわ。」

それもそうだし、先に仕掛けたのは僕たちだけどね。

刃物がないので素材にするのは諦めて町に向けて歩くことにした。

「でもよく銃を使いこなせたね、前に銃使ったと言っても何日かだけだったし。」

そう言って研究者は銃をまたリンに渡す。

「僕じゃ当たってもまともに動くことができないからやっぱりリンさんが持っててよ。」

リンは少し考えた後、銃を手に取る。

「そう言うならわかったわ、素手で殴るよりコレで殴った方が早そうだしね、弾倉はまだあるでしょ?。」

と、リンが聞くと研究者は固まった。

....街に行く目的が一つ増えた。



「金属魔法の使い方」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く