金属魔法の使い方

バリウム

ハンバーグ。

庭に出るとユウトは学園の方へ向けて斜め上でソニック・インパクトで飛ぶ。

これは荒技だ、うまくいくかわからない賭けである。

「ウギィィィィー!!。」

やばいこのままじゃ通り過ぎちゃう。

ユウトはプリトウェンを前に出して足で踏み台にして下に落ちる。

最後に着地の時もプリトウェンを作りなんとかして着地する。

ふうー転がったがなんとか着地に成功したな。

場所は....校門か。

そういえば門番が居たような....

草から恐る恐る顔を出すと。

「倒れてんじゃん。」

あんなに威張っておいて、今のうちに仕返ししてやろ。

ユウトは門番のおっさんに手首足首を魔金属のワイヤーで結んでやった。

メイクの作業場に行くと敵がいたにはいたのだが、倒れていて代わりにメイクとクルルがそこにいた。

「あれ?、クルルなにしてんの?。」

状況が目だけじゃ読めないまま聞くユウト。

「おう、ユウト!、ユウトの義手作ってるて言う先輩がいるって言うから俺も作って欲しいものがあったんだけどさっき訪ねたら、なんかこのチッコイ先輩を襲ってるやつがいたから取り敢えず盾で殴っといた。」

説明しているクルルの後ろでビッタリくっついているメイクは「ちっこい言うな!。」と言ってクルルの膝をペンチで殴っている。

「取り敢えず良かったよ2人とも無事で。」

そういうとクルルが言ってくる。

「でも、これからどうすんだ?、俺の要件は今度にするとして今から帰るか?。」

「ああ、2人でメイクを護衛して帰ろう。」

「ごめんなぁ妾のために。」

メイクはそう言うがこれはメイクの問題でもあって俺の問題でもあるのだ。

頼まれた当日にメイクに何かあったら俺は明日ハンバーグの元になるだろう。

「....わかってるじゃないか。」

「ハンバーグ!!!。」

いきなり後ろに理事長がいてビックリしたわ!てか、なんで俺の考えてることがわかるの!?。

「理事長とは、こう言うものさ!。」

「どう言うものだよ!!。」

理事長の言葉に全力で返すユウト。

「まあいい、2人とも取り敢えずこいつを家まで返してくれないか?。」

そして〝こいつ〟に目線を送る。

クルルとユウトはそっちに目を向けるとメイクが目をそらしていた。

よほど嫌いらしい。

とりあえずユウトは言った。

「わかりました、任せてください。」

「ああ、任せたぞ、精々肉の塊にならないように頑張りたまえ。」

それだけはごめんである。

そう思っているとメイクが理事長に対して初めて言葉を発した。

「余計なお世話や。」

「あぁ?こっちは心配してやってんだよ?感謝しろや。」

する理事長が怖い口調で返す。

いや、これ以上悪化するのはやめてくれ。

「2人ともやめてくださいこんなところで取り敢えずメイク帰ろ、な?。」

そうユウトが言うとメイクは舌打ちをして先に出てしまった。

クルルがそれの後を追う。

「理事長も子供みたいに喧嘩しないでください。」

ユウトが呆れた口調で言うと理事長は。

「....ふん、わかっている。」

と言って行ってしまった。

この2人の仲は良くなるのか。

そう思いながらメイクとクルルを追いかけた。

「金属魔法の使い方」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く