金属魔法の使い方

バリウム

マスター

急いで会場のそとに出るとお姉ちゃんとナールさんが待っていた。

というか、お姉ちゃんめちゃくちゃ膨れていた。

「ごめん、お姉ちゃん遅くなっちゃった....もしかして怒ってる?」

俺がそう聞くとお姉ちゃんは、

「おこってないですぅー」

ツーンとしたトーンで返してくる。

あーこれ後で何かしてあげないとな。

あ、そうだ!

「あっそうだ、もう昼だしお腹減っちゃったなー(棒)」

俺がそう言うとお姉ちゃんの耳がピクッと動いた。

よし!

「ねね、お姉ちゃんは、どこか美味しいお店知ってる?俺この間来たばかりだからやっぱりわかんなくて....お姉ちゃんのオススメのお店ならどこでも食べるだけどなぁ〜」

するとお姉ちゃんが俺の方に180度回転し両手で肩を掴み俺に言ってきた。

「もぉ〜しょうがないな〜でへへ、ユウトの頼みなら聞かないわけないじゃん!。」

左腕をガシッと掴み俺を引きずるようにして早足で行こうとした。

おっと、その前に。

「ナールさんはどう?一緒に行かない?」

そう俺が聞くとナールさんが左手を出し。

「すみません、そろそろ仕事に戻らないといけないので私は失礼させていただきます。」

ん?これメイドの仕事じゃなかったのね。

するとお姉ちゃんが一回止まった俺を再び引きずるようにして。

「さ!いってみようー!」

と言ってそのまま人混みの中に向かっていった。


引きずられること約10分。

喫茶店のような場所についた。

「ここが私のお気に入りの場所だよ。」

と言ってベルは先に入った。

外観はいい雰囲気で喫茶店というとイメージが見事に当てはまる建物だ。

中に入ってみるとそこにはカウンターに座ったお姉ちゃんと目の前には細っそりとも言わず、がたいがいいとも言わない左目に眼帯をつけた人が立っていた。

「ねね、マスターこれが私の弟だよ!」

この人がマスターか。

俺がそう思いながら見ていると、マスターはこっちに向いて目を合わせてきた。

「....なるほど、いい目をしている。」

....なんか見透かされてる気分だ。

「はじめまして、ユウト・アルサーマルです。」

俺が自己紹介すると、マスターはにっこり笑ってくれた。

お姉ちゃんのとなりに座るとコーヒーを出してくれた。

正直にいうとコーヒーは苦手だ。

五年前に好奇心で飲んで以来口にも含んでいない。

だって苦いじゃん。

そう思いながらコーヒーを口にする。

すると口の中で程よい苦味と酸味が広がり一気に飲んでしまった。

大人になるにつれて味覚が変わってきてるのか、それともマスターの入れたコーヒーが美味すぎるのかわからないがとにかくすごい。

「マスター、すごく美味しいよ。」

俺がそういうと、マスターが微笑んで

「そうか、それは良かった。」

と言った。

「金属魔法の使い方」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く