金属魔法の使い方

バリウム

技名....ダサ!!

お、呼ばれたな。

ユウトは席を立ち、下につながる階段を降りていく。

すると入り口の前にローブを着たおばあちゃんが立っていた。

「手を出してくだしゃい」

俺は手を出すと俺の手をおばあちゃんの手がサンドイッチし何か魔法をかけた。

 ああ、これがバフかぁよくわからんな。

出した方の手をさすりながら入り口を出る。

すると相手の方もちょうど出てきた。一気に会場の歓声がに歓声が湧き上がる。

10メートルまで相手と近づくと急に声をかけてきた。

「おい!お前、裏切り者の騎士の弟なんだろ?、この鎧の騎士の弟が成敗してくれる!」

急に言われだので、情報量が多すぎて話についていけてない。

裏切り者の騎士?なんのことだ?

俺はそのまま聞いてみることにした。

「裏切り者の騎士って誰のこと?ちょっと教えてもらいたいのだけれど。」

俺が問うとその鎧の騎士の弟さんがは指を指していってきた。

「お前、弟なのにそんなことも知らないのか、所詮は裏切り者の騎士だな?あいつはな前国王を殺したんだよ!」

....そうか、

まあ、その話は後でお姉ちゃんに聞くとして、これだけは言っておこう。

「それがどうした!俺のお姉ちゃんの侮辱はなんであろうと許さない!」

俺はコートを掴みバッと脱ぎ捨てる。

すると鎧の騎士の弟がバカにしてくるように言ってきた。

「おいおい、片手で俺と戦うのか?やめとけって、俺が秒殺しちまうじゃないかw」

するとスーツの女の人が言った。

「静かにしろ!、では6戦目!、サイ・ゴウ対ユウト・アルサーマル、構えて!」

女の人が言った後、2人は構える、鎧の騎士の弟、サイは余裕が表情に出ていた。

スーツよ女の人があげた右腕をバッと下におろし、

「始め!!」

と、言い試合が始まった。

するとサイは魔法を発動し鎧を身にまとう。

すると鎧の形がみるみる変わってデザインが動物のサイのようなデザインになっていた、左肩のツノのような部分で突進しようとしてきた。

一方、サイが鎧をまとっている時ユウトはこう考えていた。

片手が無い?、じゃあ作れば良いじゃないか。、と。

ユウトは意識した目をつぶり真っ暗な世界で星々が右手を形成していくのを。

するとなかったはずの右腕には、銀色の腕がそこにはあった。

俺はその銀色の腕で、サイの肩のツノを掴み抑える。

すると、勢いを逃すかのように銀色の波が波紋のように辺りに現れる。

掴んだツノを思いっきり向かってきた来た方向へ投げ飛ばしてやった。

この銀色の腕は、流体型全応用戦闘特化義手、ギンノテ、だ!!....かっこいいだろ?

でも、この攻撃が一方的に続くのはすこし面倒なので、俺も攻撃を仕掛けるか。

俺はサイの方に手を出して、手の形から棍棒のような形にして八つに裂けた。

すると、八つに銀の棒が裂けたと同時に一定の空間に四角の障壁が展開され銀の棒が、縦横無尽に跳ねながらサイに向かっていった。

そして俺は技名を叫んだ。

「八つ裂き!ヤマタノオロチ!!」




「金属魔法の使い方」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く