魔力ゼロの真の勇者

Nero

21話 突然の出来事



─ん…ここは、どこだ、、


翼は真っ黒な空間にいた。
まるで、神界の黒バージョンみたいだ、


「これは夢か?…それにしてもここ寒いな、それに少し懐かしい感じもする、、」


すると、後ろに気配を感じた、


「...翼…私を助けて、、」


─そ、んな…この声は……


翼は勢いよく後ろを振り返る、、


そこには前世で幼馴染の桐崎奈緒がいた。


「なお…どうしてお前が……」


翼は突然の出来事で状況に追いつけていない、


それに奈緒は何故か黒いドレスを着ていたが、体がボロボロで凄く傷を負っていた。


「…翼、、私を助けて!」


「だから何を…助けるってどういう事だよ!なんでそんなにボロボロなんだよ!…それにお前は日本にいるはずじゃ…何があったんだよ…!」


翼がそこまで言うと、奈緒はニコッと笑い、静かに消えていった…


「おい、なお!なお!」


俺はそう叫ぶと同時に目が覚めた


「はぁ、はぁ、なお…どういう事だよ…」


「…つばさ…どうしたの、大丈夫?」


隣に寝ていたレイが心配そうに聞いてきた。


「大丈夫だレイ。ごめんな、起こしちゃって」


「…レイは大丈夫…それよりつばさはほんとに大丈夫なの…?汗かいてるし、」


「ああ、大丈夫だよ。それより、まだ5時だけど完全に目覚めちゃったな。」


「…そうだね、」


「「.........…。」」


─…どうしよう…!なんか話さないと、、


するとレイが口を開いた。


「…つばさ…さっき叫んでた、なおって人誰なの…?」


「え、ああ、なおは桐崎奈緒って言って、俺の前世の幼馴染だよ。」


「…ふーん…なんでその幼馴染の名前を叫んだの…?」


「それは…突然の出来事で俺にも分からないんだ。けど、夢でなおが出てきて色々あってそうなった、、」


「…そっか」


「ああ、」


「「…………。」」


─やっぱりなんか気まずい感じになってるわ、、


するとレイが爆弾質問をしてきた。


「…つばさはその子が好き…?」


「…え、え?いやいや無いよ?今まで好きになった事すら無いから、」


「…なおって子好きじゃないの?」
 

「だから違うって!…まあ、幼馴染とか友達としてはとても大事に思ってるけど、、好きとかはないな、」


「…ふーん…『…レイはつばさの事好きだけど、、』」


「ん?なんか言ったか?」


「…なんでもない…」


「そうか…でもやっぱいいな。」


「…え?」


「レイと話してると安心するって言うか、一言でも話すと楽しいんだよね。」


「.........それってどういう…」


「あ、なんか恥ずかしいな、、今言った事は忘れてくれ、」


「…うん、絶対忘れない…」


─そんな笑顔で言うなよ、、なんか余計はずいって言うか、照れちゃうわ。


「そ、そうだ、まだ早い気もするけどエリとサリエル起こしてご飯食おうか。」


「…うん」


─やべぇ、なんかレイといるとドキドキする、、これって好きって事なのか、、


そんな事を考えつつ、2人はエリとサリエルを起こして、朝食を食べに行った。






「魔力ゼロの真の勇者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く