グリモワールハント

えみりあ

図書館潜入

「 騒いでた割にはやけに静かじゃないか」

図書館に潜入した俺たち。


警備員の慌てようが普通じゃなかったので館内の静けさが異様な不気味さをかもし出すのは当たり前だろう。


夜間なので当然館内全体は明かりで照らされてはいない....



が、昼間とは決定的に違う点があった。


「ウォーレンちょっとこっちに来なさい。」


アリサが慌てて俺を呼ぶ。


館内の本を手に取り手持ちの小型ライトを当てて読んでいたが、俺本を閉じアリサの方へ向かう。



「どーした。隠し扉でも見つけたのか?アリサ教授~」


ふざけながら俺は彼女に問いかけた。


「これって隠し階段じゃない?」


地下に向かって螺旋状に続く階段。


下がみえないぐらい奥深くまで続いており内部は見えない。


「まじかよ...」


俺は思わず言葉を失った。



「とりあえず下までいくしかないわね。」


満面の笑みを浮かべながら彼女は階段を降り始めた。


「ちょっ!待てって」


彼女に続くように慌てて追いかける。


螺旋状の階段を走るように降りていく彼女。


恐怖というものはないのかと疑うほどだ。


階段を途中まで降りた頃だろうか誰かの悲鳴が聞こえた。


「きゃぁぁぁー」


それは何かに襲われているものの悲鳴。

「アリサ、今の!」


「間違いなく今の悲鳴は何かがあるわ。警備員の怯ていたなにかかもしれない。先を急ぐわよ!」

二人は驚きながらも足をはやめた。


続く..











「グリモワールハント」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く