グリモワールハント

えみりあ

捜索直前!

「う、うわぁぁぁ。」


ウォーレンは布団から飛び上がるようにに目覚めた。


「何だ夢か。え、といけねえ時間は....22時半!30分も過ぎているじゃねえか急がねえと。」


彼は直ぐ様着替えて家を出た。


「行くぞラプトル号!」


説明しようラプトル号は愛用のチャリである!学校へ行くときも出掛けるときも常に俺様と共にあるのだ!なんとあの恐竜ヴェロキラプトルのカラーを忠実にアレンジしているぞ。


「待たせたな!アリサ!」


30分待たさせれた彼女は爪を立てていてひどくお怒りの様子だった。


「待たせたなじゃないわよ!あんたいつもそうよねいっつも反省してる姿を見せない。第一声はごめんなさいって教科書に書いてあるでしょ?」


怒りを抑えながら挑発口調で彼女は尋ねた。



「俺の教科書にはヒーローは遅れてやってくるって書いてあったぞ!」


そういうと一行に反省の面を見せない彼に対し呆れ果てたのか彼女は本題である図書館の探索に話題を変えた。



「行くわよ!時間はまってくれないわ!」


彼女がそういうと二人は図書館に足を進め始めた。


「あれ?あれれ?おいここ鍵かかってんぞどうすんだよ。」


当然都が経営してる図書館だけあって、正面突破で入れるようになっているわけがない。


「ちょとあんた大声出さないでよ!そんなとこから入れるわけないでしょ!こっちよこっち!ここに夜間の警備の人専用の入り口があるのよ!」


彼女の言う方向には警備員専用口と書かれた入り口が存在した。


やはり、探索しようという話を提案してきた時点である程度のリサーチをしてるのは当然ということだろう。


「にしてもようどうやって入るんだよ...警備員さん退いてくれる気配ないぞ!」


彼は困ったような顔で尋ねた。


「あんたいちいちうるさいわよ。本当は10時半が警備員の交代時間だったのにあんたが遅れたから計画が狂ったのよ!今第二計画を考え中よ!」


にしても打開策がなく、15分警備員の観察を続けて諦めようと思った瞬間....事態が急変した。


突然警備員に連絡が入ったのだ。


「はい、こちら入り口担当の川井です!なんですって至急応援に向かいます。」


そういうと彼は館内に走り出した。


「おいおい強盗でも入ったのかよ!アリサ俺らはおとなしく帰ろうぜ!命よりも大切なものはないだろ!」


そう言い残しその場を立ち去ろうとしたウォーレン。


それを聞いた彼女が大きな声で話始めた。


「何いってんの。今が好機ってもんでしょウォーレン!今いかないでいつ行くっていうのよ。」


わくわくした表情の彼女はそう言うと彼を引っ張り出した。


「まあ、そうなりますよねー。分かってました。」


涙を流しながら呆れた表情でウォーレン含む二人は館内に潜入した。



「グリモワールハント」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く