ダークエルフ姉妹と召喚人間

山鳥心士



 ブランとの戦いを終え、イルザの家へ戻った四人。イルザ、エルザ、スミレは比較的軽傷で済んだが、グレンは気を失ったままであった。ひとまず怪我の手当てを行い、目を覚ますまでイルザのベッドで安静にさせていた。


 疲弊しきっていた三人はそれぞれ寝床についた。


 イルザはボロボロになってまで自分を守ってくれた人間の少年、グレンが眠っているベッドの近くに椅子を持っていき、それに腰をかけてグレンの寝顔を見つめる。


 (ごめんね、ありがとう・・・)


 心の中でぽつりと呟いた。


 グレンと出会ってからは戦いの日々だった。少し前までは、誰も近づかない静かな森で平和に妹と生活したいと思っていた。


 だけど魔族の本能なのか、戦いを楽しんでいる自分がいることに気がついた。一瞬の油断が命に関わる戦い、技が決まった時の快感は忘れ難いものだった。


 グレンに出会わなかったら、この感覚を味わうことはなかっただろう。


 だが、ホルグにブラン。この二人との戦いはグレンやエルザが居なかったら、確実に殺されていただろう。


 (守られているだけじゃ駄目なんだ)


 自分の力不足を実感し、大切な人たちを傷つけないくらい強くなると誓った。








 エルザとスミレは同じベッドで横になっていた。


 すっかり気力を失ってしまったスミレ、同じベッドの上でエルザはスミレを抱きしめていた。


 「・・・まだ起きてる?」


 沈黙を破った、胸の中でうずくまる少女が負った心の傷は大きい。失うことの恐怖や辛さを知っているエルザもまた、母親が病に伏した頃を思い出していた。


 エルザの問いかけにスミレは無言で小さくうなずいた。


 「・・・私もね、お母さんを病気で亡くした時、とても辛かったのを昨日のように覚えているわ。優しくて、いっぱい愛してくれた大好きなお母さん。この世を去ってからは、しばらく部屋から出てこられなかったわ」


 悲しく、辛そうに思い出を語るエルザ。


 そんな苦しそうな声を聞いたスミレは、俯けていた顔を上げてエルザの目を見つめる。


 「・・・だけれど姉さんがね、『お母さんは私達の心の中で見てくれているの、エルザが悲しくしていたら、心の中お母さんも悲しんでいるわ。お母さんにありがとうって言えるように、今を精一杯楽しく生きましょう』って言ってくれたの。だから私は、辛い気持と一緒に、今を生きようって考え直したの」


 悲しそうに話していたエルザはいつの間にか、凛とした静かな声に変わり、スミレの頭を撫でた。


 「辛い・・・気持ちと一緒に・・・ですか」


 今まで沈黙を守っていたスミレが言葉を発した。


 「・・・だからスミレも、辛い気持と一緒に自分がどう生きたいか、これからを考えてほしい」


 自分がどう生きたいか。考えたこともなかったし、思いつきもしなかった。


 「・・・・・・」


 スミレは自分自身に問いかけてみた。だが、心にあるのは、命を救えなかった後悔で満ち溢れている。まるで心臓に茨が絡みつくように痛く、苦しい。こんな気持ちから早く抜け出したい。


 もし、もしも他に、同じように救いたいのに救えない人がいるとすれば。


 この苦しい感情を背負わせたくない。と思う。


 神界器デュ・レザムスは他にも存在する。だったら、主だったブランと同じように暴走してしまうのではないか。


 同じ苦しみを他の人に感じて欲しくない。救えるなら、救いたい。


 今度こそ。


 「・・・答えは出そう?」


 「まだ、はっきりとは出ていないですが・・・、同じ悲しみを他の人に感じて欲しくないと思ったです」


 心なしか、霞んで見えていたエルザの表情がはっきり見えるようになった。


 「・・・まだ漠然としていていいの。だけど、その気持ちはとっても素敵で、大切だと思うわ。だから忘れないでね」


 「はい・・・です。あ、あの」


 「・・・どうしたの?」


 優しく寄り添ってくれるエルザにそっと抱きつくスミレ。


 「ありがとうです・・・エルザさん」


 「・・・うん」


 エルザは短く返して、優しい心をもった人間の少女をめいいっぱい抱きしめた。


 心安らいだ二人は気がつくと眠りについていた。





「ダークエルフ姉妹と召喚人間」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く