ダークエルフ姉妹と召喚人間

山鳥心士

二振りの剣



 「ぐあっ・・・! あんた・・・ブランじゃ・・・ないわね・・・」


 「アロンダイト、・・・ヲ、スベル」


 首を掴まれているせいで息が出来ない、ブランの言葉を聞き取ることが出来なかった。


 左腕の弓が胸に当てられる。


 (ああ、私、殺されるのね・・・)


 死を覚悟した。意識が薄れていく・・・。抵抗する力もない。


 (走馬灯・・・っていうのかしら)


 グレンに出会ってから嵐のような日々だった。戦うことなく平穏に過ごすと思っていた。それを見事に打ち壊してくれた男の子。私を守ると言ってくれた男の子。


 (家もボロボロになっちゃったけど、楽しかったな・・・)


 短い時間だったが得たものは大きかった。馬鹿みたいに笑ったりはしゃいだり、思い出が何倍にも膨れ上がっていた。願わくば、まだ続けていたい生活。死んでしまったら叶わないだろう・


 「・・・ザ!」


 (最期に聞こえるのがグレンの声だなんて・・・笑っちゃうわ・・・)


 「させるかよ! うおおおおお!」


 グレンはブランの背後へ飛び掛かり、剣を振り下ろす。イルザの胸に当てていた弓を背後にやり、剣を受け止める。間一髪のところでイルザの窮地を救うことはできたが、不利な状況には変わりない。


 グレンは続けて二撃、三撃と打ち込むが、全て防がれる。


 「イルザから手を離せ!」


 イルザを掴んでいる腕を狙い、突きを放つ。剣先がブランの右腕に突き刺さる。ブランは衝撃で手を離したが、ブランは左腕を真横に薙ぎ払い、グレンの腹部へ打撃を打ち込んだ。


 意識が飛びそうになったが、ブランの手から逃れたイルザを自身の“妖精の輝剣アロンダイト”と共に突き飛ばした。


 ブランは標的を変え、グレンへ打撃を連続で打ち込む。グレンがふらついた所を左腕の弓で魔力矢を放った。


 「があっああああっっ!」


 グレンはトドメともいえる一撃を食らい地に伏せる。


 「グレン!」


 グレンに飛ばされた衝撃で意識を取り戻したイルザは、グレンに託された“妖精の輝剣アロンダイト”を左手に持った。


 「今度は私が助ける番よ!」


 二振りの剣は蒼白に強く輝く。


 大地を力いっぱい蹴り、足に爆裂魔法をかけて爆発的に加速する。


 グレンの頭を踏み砕こうとしていたブランを、一歩手前で着地し、体を回転させて二振りの剣を真横に振り払う。


 白金の月よりも強く蒼白に輝く剣はブランの体を打ち飛ばす。


 だが、打ちつける瞬間にブランは両腕で防ぎ、衝撃を抑えたので体は飛ばされることなく踏みとどまった。


 「アロン・・・ダイトォォォォォォォ!」


 怒りに我を忘れて剣の名を叫ぶブラン。しかし、イルザはその叫びを気にすることなく攻撃を続ける。


 更に“妖精の輝剣アロンダイト”は蒼白に輝く。体が勝手に動く、まるで何年も前から剣技を身に付けていたかのように、激流の如く、連撃を浴びせる。


 「はあああ! “八刃妖堕はちじんようだ”!」


 上腹部、顎、下腹部、脛。それぞれ突きと打撃の急所を確実に狙った高速八連。ブランは膝をついた。


 「ガアアアアアアアアッッ!アアアアアアッッッ!」


 ブランの体から黄金の魔力が蒸発する。それと同時に宵闇の空間は無くなり、純白の部屋へと戻ってきた。



「ダークエルフ姉妹と召喚人間」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く