ダークエルフ姉妹と召喚人間

山鳥心士

五拾狼齩(フィフスタイオス)



 周囲の霧から青黒いガルムの幻影が飛び掛かる。イルザとグレンは幻影の鋭い爪を剣でいなす。奇襲に失敗した幻影は方向を変え、霧の中へ飛び戻る。


 「ちっ! ヒット&アウェイか」


 「そんな単純な攻撃ではないのだがね」


 ブランの弓が黄金に輝く。青黒い霧は濃度を増し、二人を囲む霧は視界を奪う。


 「君達が私のペット達と遊んでいる間にスミレを返してもらうよ」


 ゆっくりとスミレの方向へ歩き出す。


 霧の中では最初の奇襲以降、依然として静謐を保っていた。イルザとグレンは背中合わせに、次の襲撃に備えていた。


 「私の背中は任せたわよ」


 「背中どころか正面も全部俺に任せとけって」


 「それは頼もしいわね」


 余裕の笑みを見せながら飄々と返すグレン。身体能力はイルザ同様に高いのだが、剣技となるとイルザを下回る。どんな攻撃を仕掛けてくるかわからない。イルザは銀髪をかきあげ、細心の注意を払って神経を集中する。


 霧の中で呻くガルムの声は二体、三体と数を増やしていく。


 「おいおい、まさか団体様で襲って来やしねぇだろうな?」


 「まさかじゃなくてその通りみたいよ。来るわ!」


 霧の中からガルムの幻影が二体、イルザとグレンに飛びかかる。イルザは剣で爪を受け止め、ガルムの胴体にしなやかな蹴りを入れて吹き飛ばす。対するグレンは体を捻り飛び掛かりを避けて、剣を頭部へ振り下ろした。


 しかしそれで倒せるはずもなく、怯んだガルムの幻影は霧の中へ消える。そこに休む間も与えず、別方向の霧からガルムの幻影が襲い掛かる。


 「なるほどね、魂で作られた矢。意思を持った矢ってことね」


 ガルムの幻影を切り伏せ、体勢を整える。魂で作られたガルムの幻影は次々と現れ、イルザとグレン、それぞれに五体ずつ取り囲んでいた。


 「これじゃあまるで、狼の狩りに追い込まれた鹿のようだな。こいつをくぐり抜けるにはちと骨が折れそうだ」


 自嘲気味に薄ら笑いを浮かべるグレン。退路を完全に塞がれ、突破口が見つからない。この技の大元である青黒い霧を対処しなければならないが、現状を打破しなければそれすらままならない。


 グレンはマントの裾に手を伸ばし、魔鋼蜘蛛まこうぐもの糸を手に取る。


 一方イルザは右手に剣を握り、左手には炎の魔力が纏っていた。相手が魂とはいえ、霧ならば灼熱の炎で蒸発させればいいと思案していた。


 (まぁ、今思いついた技なんだけどね。うまくいってよ)


 願掛けの様に大きく息を吸い込み、吐き出す。“妖精の輝剣アロンダイト”が蒼白に輝く。


 「劫火をもって灰となれ“焔蛇一閃えんじゃいっせん”!」


 取り囲んだガルムより先にイルザが仕掛けた。大きく前へ踏み込み横一文字に炎が纏った剣を振り払う。その炎は剣から伸びるような軌道を描き、灼熱の劫火に呑まれたガルムの幻影は蒸発するように一掃された。


 (上手くいった! この方法なら霧の壁を突破できるかもしれない)


 連結刃に変形させ広範囲に剣を振るえば、ガルムの幻影のように蒸発させることが可能かもしれない。


 「ぐあっ!」


 グレンの叫び声と同時に体が吹き飛んできた。


 「グレン!」


 炎の剣でグレンを狙うガルムの幻影を薙ぎ払いつつ、傍に駆け寄る。


 「しくじっちまったぜ、エルザのマントがなかったら死んでたわ」


 グレンが元居た場所に目をやると、地面に剣を突き刺し、柄に括り付けていた魔鋼蜘蛛まこうぐもの糸が力なく垂れていた。


 「あんたがしくじるなんて珍しいわね」


 剣を手元に戻し立ち上がるグレン。


 「試しに魔鋼蜘蛛まこうぐもの糸で捕らえてみようと思ったんだがな、物理干渉は受けないようだ。そっちは何かいい策見つけたようだな」


 「ええ、まだ試してないけど、炎で焼き払えば霧の壁を壊すことが出来るかもしれないわ」


 「ならとっとと抜け出しちまおうぜ。エルザたちが心配だ」


 霧の壁から再びガルムの幻影が複数現れる。天井を見上げるとそこには、雲に隠れるような月が黄金の光を照らしていた。





「ダークエルフ姉妹と召喚人間」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く