ダークエルフ姉妹と召喚人間

山鳥心士

幻獣召喚



 イルザがスミレの“隷属の鍵エスクラブ・オブ・キー”を解く少し前。


 絶体絶命の危機を迎えていたエルザは“月女神の輝護ルーブラ・ユエリアン”による“ムーンサイド・レイ”を打破する方法を思いついていた。


 上空から一筋の光線を確実にエルザめがけて降り注ぐ“ムーンサイド・レイ”と“極光の月弓アルテミス”から放たれる、光の短剣の円陣攻撃。


 縦と横の隙の無い攻撃。一度は凌いだものの、威力を抑えた短剣を一本腕に受けてしまった。同じ方法で凌ぐには、諸刃の剣である。


 (・・・あと何回この痛みに耐えられるだろうか)


 最も厄介なのは“ムーンサイド・レイ”である。


 最初の攻撃を試しにと、落下地点へ一点集中型の防御魔術である“プロテクション”をかけてみたのだが、ものの見事に魔術ごと打ち砕いた。


 きっと“妖精の輝剣アロンダイト”と同じ、魔術を無効化する力が“ムーンサイド・レイ”に付与されているのだろう。


 それに反し、光の短剣はある程度は魔術で威力を軽減することが出来る。おそらく、力の大半を“月女神の輝護ルーブラ・ユエリアン”に回しているせいで、魔術の無効化を付与することが出来なかったのだろう。


 もし、あの“月女神の輝護ルーブラ・ユエリアン”が持続顕現型の魔術と同じならば、術者を直接叩けば発動を阻止できるかもしれない。そんな隙があればの話だが。


 (・・・ちょっとだけ、グレンの真似をしてみるね)


 「さっきは私の攻撃を凌いだことに驚いたが、あと何回その方法が通用するかな? 見届けるのもまた一興だろ? さあ! 三回目はどんな反応を見せてくれるか!」


 弦を引き短剣をエルザの周囲に展開する。


 エルザは上空からの光線を避けつつ、塗装がはがれている地面に何かを素早く刻み、それを消さないように別の魔法陣“守護方陣・界”を描く。


 マントを体の前に重ね、短剣の威力が弱まったところを突撃する。


 「っぐ・・・!」


 痛い。


 魔術とは言え刃物と変わらない。


 鋭い痛みに何とか耐えながらも腕に刺さった短剣を抜き、次の位置へと移動する。


 「ほら! ほらほら! ほらほらほらほら! もっと踊りなよ!」


 四回。


 五回。


 六回。


 七回。


 何度も、何回も同じ方法でブランの怒涛の攻撃を凌ぐ。エルザのマントは既にボロボロだった。


 だが。


 (・・・準備はできた!)


 後は術者を叩く隙を伺うのみ。ベストなタイミングとしては次の短剣攻撃の時だ。


 僅かの時間だが、短剣を動かした後のブランはエルザの様子を見たいのか、覗くような動作をする。その隙を狙えばこちらの攻撃が届くかもしれない。


 意識が半分朦朧としてきている。


 身体強化の魔術をかけているとはいえ、何度も切り傷を負わされ、出血すれば体力も失っていく。きっと、次の攻撃で耐えられるのは最後だろう。


 エルザの生きて帰る覚悟がほんの少し揺らぐ。


 「そろそろ辛そうだね? いいねぇ! 少女の苦しそうな表情というのはさぁ!」


 弓を構えるブラン。


 (・・・来るっ!)


 慎重に、タイミングを計る。“ムーンサイド・レイ”を避けつつ、防御魔術の魔法陣を描く。


 (・・・来いっ!)


 その時。


 「さぁ、反撃よブラン!」


 姉の、イルザの声が部屋に響いた。


 ブランは驚愕の表情を見せ、手を止めた。


 エルザはそれを見逃さなかった。


 「・・・今!」


 杖で地面を叩き魔術を発動させる。その魔力の行き先は攻撃を凌いでいるときに、捲れている地面に描いた五か所の魔法陣へと伝っていく。


 その五か所の魔法陣は五角形の巨大な魔法陣となり、紫電が轟く。


 「召喚、“雷帝ボルティック・ペガサス”!」


 激しい轟音と共に魔法陣の中心から、一体の巨大な紫電を帯びた天馬が顕現する。


 「召喚だと!?」


 ほんの少しの隙がとんでもないものを呼び寄せてしまった。


 (しかし、なぜ、魔法陣が残っている? 発動している個所はどこもかしこも“ムーンサイド・レイ”の焼き跡が・・・)


 ブランはそこで気づいた。遅すぎた気付きだった。


 召喚の魔法陣のすぐ横には、魔力吸収の魔宝石の塵が残っていた。それを使ってエルザは魔法陣を守っていたのである。


 「くそおおおおおおお!」


 怒りの声を上げると同時に紫電の天馬が翼を広げ、ブランの体を額の角で貫き天を駆ける。


 そして、貫いた体を巨大な月、“月女神の輝護ルーブラ・ユエリアン”に叩きつけ、砕いた。





「ダークエルフ姉妹と召喚人間」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く