ダークエルフ姉妹と召喚人間

山鳥心士

神界器(デュ・レザムス) 前編



 気を失っていたイルザは、瞳を開いた。


 その視界にはぼんやりと黒い縦棒が何本も並んでおり、暗く冷たかった。


 「・・・っ痛い」


 後頭部が痛む。


 (この痛みはいったい・・・? それよりここは・・・?)


 少しずつ意識がはっきりとしてくる。


 スミレを奴隷商人から逃がした人を救うために森を進んでいた。


 (・・・確か、途中で魔獣ガルムが現れて・・・)


 そこから思い出せない。何者かに後頭部に衝撃を加えられて気絶してしまったのだろう。


 鮮明になっていく視界。


 黒い縦棒は無機質な金属棒だった。


 手足は拘束され立つこともままならない、冷たい鉄でできた檻に閉じ込められていた。


 (・・・! 動けない。)


 試しに“妖精の輝剣アロンダイト”を出現させた。短剣型であれば手に持つことはできるが、手を後ろに拘束されており、手首が動かないように固定されている。


 「お目覚めかね、ダークエルフの女よ」


 大地が唸るような低い声、焦げ茶色のスーツを着た長身の男が姿を現した。


 「おっと、そんな怖い目で見ないで送れよ。興奮するだろ?」


 「気持ち悪いこと言わないで。みんなは無事なんでしょうね!」


 鋭く男を睨みつける。


 「ふっ、そんな状況で仲間の心配とは感心するよ。だが、無事かどうかは私にはわからないね」


 「・・・っ!」


 「あ、そうそう。一人だけ無事なのは教えてあげよう。何ならここに連れてこよう」


 苦虫を嚙み潰したような最悪な気分だった。妹やグレン、スミレの安否がわからない上に、その中の一人があの男の手の中にある。


 「入ってきなさい、そして彼女に改めて自己紹介を」


 扉が金属の擦れる音を立てる。静かに歩くその足音はイルザの目の前で止まり、虚ろな瞳をこちらに向けて口を開く。


 「我が主、ブラン様によって召喚されし人間。スミレでございます」


 「スミレ・・・あなた、人間だったの!? ・・・いえ、そんなことより、私たちを騙していたのね!」


 「・・・・・・」


虚ろな瞳のまま口を閉じる。その姿はまるで、操り人形パペットのようだった。







「ダークエルフ姉妹と召喚人間」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く