話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

幻想自衛隊 ~我々は何を守るべきか~

メガネ2033

第16話 事態終息?

2023年8月17日pm2:00 旗艦〝いずも〟会議室


「古賀司令、黒田三尉は何と?」


会議室中の視線が古賀司令に向けられるのがわかる。それだけ今回の事態に対する自衛隊の注目度は高いと言うことだろう


「なんでも驚異的な回復力を持っているみたいでな。意識が回復しレミリアさん達の問いかけにも応じるようになったそうだ。傷も治りつつあるらしいしな」


「後どれくらいで退院できそうですかね」


「順調にいけば、あと2週間程で退院できるそうだ」


会議室中に安堵の声があがる。彼女が重傷を受けていただけに後遺症もなく退院できるという情報は自衛隊にとって朗報でしかなかった


「ちょっと!」


しかし、部外者の霊夢さんから見ればどうでもいい話のようである。話の腰を折られて不機嫌そうにしている彼女に苦笑しながらも古賀司令が対応する


「すみません、それでご用件は何なんですか」


「私は紅魔館の連中に挨拶しろと言ったのよ。それをどう聞き違えたら連中と戦えになるのよ」


「すみませんでした。なにしろ…」


「我々の安全を確立するために止む無く自衛権を行使いたしました。あの状況では止む負えなかったものであると確信しております」


彼女との会話に割って入った人物は会議室の入り口の前に立っていた


「むぅ、伊藤さんだったかしら?自衛権だか何だか知らないけどあんた達の迂闊な行動のせいで事態が複雑化したのは確かじゃないの?」


「自衛権の行使に関しては迂闊な行動であったとは考えておりません。急迫不正の侵害を排除することは我々に与えられた正当な権利です」


「さっきから難しいことばかり言って…もっと簡単に言えない訳!?あっ!私が分からないと思って誤魔化してるんじゃないでしょうね?」


「そのようなことは断じてありません。ですが貴女にその様な印象を与えてしまったのであれば極めて遺憾です」


「だ か ら !簡単に言えって言ってるでしょ!」


何やら食い違った主張をする2人であるが、これ以上収拾がつかなくなる前に何とかしなくてはなるまい。


「お二人とも冷静に。そもそも伊藤一佐、あなたは何でいつも遅れてくるんですか。これで二度目ですよ」


階級が上の古賀に促され伊藤一佐は渋々ながらも霊夢さんとの会話を打ち切る


「すみません。燃料調達に進展があったもので」


一佐はそう言いながら一枚のメモをひらつかせた


「また例の〝提案〟ですか」


「はい、陸自内の理系の奴等と相談しまして」


「今度は何ですか。まさか、地面を掘ったら石油でも沸いた____とか言うんじゃ無いでしょうね?」


「そうだったらもっと楽でよかったんですが…ところで皆さんはバイオエタノールってご存じですか?」


伊藤一佐からの突然の質問に会議室内の幕僚が素早く答える


「聞いたことはあるが…作り方までは知らないな」


「実は、作り方は以外と簡単で焼酎の作り方とほとんど変わりません」


「具体的にどうすれば良いんだね」


「まず、炭水化物を含む生物由来の原料が必要ですね。具体的には米等です」


「それで?」


「まず、その原料を使って焼酎を作ります」


「おいおい、この大事に君は酒を作れと言うのかね」


「いえ、焼酎として出来たものからエタノールを取り出したいだけですよ」


「なるほどね」


「そして、取れたエタノールを何度か蒸留してエタノールの純度を99%くらいに上げれば完成です」


「それで、その燃料は大量生産が可能なのかね」


「はい、必要とあれば水増しも可能ですよ」


会議室中から歓声が上がった。現代兵器を使用するが為に燃料不足が死活問題となっていたが解決策が見つかったことで希望が見えたのだ


「それで、原料の米などや蒸留させるための施設はどうするんだね」


「問題はそこですね。施設は我々で作らせますが原料はどうしようも…」


「人里が在るならばそこの住人から買えば良いじゃないか」


「稲垣一佐、彼らが友好的である保証は無いんですよ。第一この世界の通貨がわからない」


「霊夢さん、この世界の通貨を教えていただけないでしょうか」


「あぁ、あなた達と同じ円よ」


「古賀司令、どうしますか」


「八雲紫と話をつけるしかなさそうだな」


「ちょっと待った。まさかあなた達、紫と会うんじゃないでしょうね」


「ええ、面会の要請を受けましたよ」


「行かない方が良いわよ。紫は幻想郷に危害を加えるものは誰だろうと容赦しないわ。理由はともかく紅魔館に攻撃したあなた達も危険だと思うわ」


「それでも我々は帰るために行くしかありません。仮に攻撃されたとなれば我々は自衛権を行使して八雲紫を倒します。」


「無理よ、あなた達に紫は倒せないわ」


「やってみないとわからんでしょう?我々もこんな訳の分からない所で死ぬのは真っ平ごめんですから精一杯抵抗させていただきますよ。でも相手が本当に妖怪の賢者様なら相互確証破壊という言葉を知っているでしょうから攻撃してくることはないと思いますがね」


「まあともかく、我々は一度彼女と交渉する必要があります」


「決裂したら?」


「自らの安全確保のために全力を尽くします。最悪の場合、武力の行使も辞さない構えです」



「幻想自衛隊 ~我々は何を守るべきか~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

  • メガネ2033

    幻想郷の方々にどの程度の文明があるのかイマイチ不明なので銃での脅しがどの程度通用するのか…
    今後の展開にご期待下さい

    1
  • ユウ・カジマ・スカーレット

    ぬおぅ、これはまた面倒な事になりましたね・・・ですがバイオエタノール・・・その手がありましたか!!
    自分はまだ中三で考え方も浅はかですけど銃等は初弾の威力ではなく音で相手に恐怖を与えて動けなくする。二発目で威力を再確認させてまた恐怖を重ねて与えるみたいな感じで幻想郷の住民とは戦えそうだなぁとか思ってました。そうだ紫さん外の世界にも来てるやんって最近気付きましたw

    1
コメントを書く