話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

幻想自衛隊 ~我々は何を守るべきか~

メガネ2033

第11話 目標撃墜

2023年8月16日am11:43 〝みょうこう〟CIC


水雷長の号令と共に撃ち出された短魚雷は事前に設定された目標の予測針路に沿って進み続ける


「短魚雷、自爆ポイント到達まであと10秒」


「砲雷長、CIWSの起動準備をしておけ」


水雷士の声に艦長が素早く指示を出す。もし、作戦が失敗すれば”みょうこう”の全乗組員が危険に晒されるだけあって皆真剣だ


「了解しました。魚雷で墜ちなかった場合は直ちに射撃します」


「自爆ポイントまで5…4…3…2…1」


「魚雷自爆っ」
















2023年8月16日am11:43 霧の湖上空 (フランドール 視点)


「アハハ…オニイサン タチハ ツマラナカッタケド オフネハ ドノクライ オモシロイカナ」


その時、自分の目の前の水面が強い光を発した


そして次の瞬間、目の前に10mはありそうな巨大な水柱ができた


「そんな…何んなのよ、これ…」


フランは正気を取り戻しとっさに回避行動をとったが間に合うはずもなく巨大な水柱に激突しバランスを失って水面に叩きつけられた
















2023年8月16日am11:44 旗艦〝いずも〟CIC


「ターゲット、レーダーロスト。撃墜しました」


レーダー士から撃墜の報告を受けて〝いずも〟のCICは階級にに関わらず誰もが歓喜していた。

古賀司令を除けば…


「司令、やりましたね」


「秋津君、喜ぶのはまだ早いぞ。救出作戦を開始する。救難ヘリを対空目標の救助にまわし、シーホークは紅魔館に向かい負傷者を収容せよ。重傷者は〝おおすみ〟に搬送せよ。作戦開始」


「了解」


「通信士、木島三尉と繋げてくれ。彼と少し話がしたい」


古賀司令の命令で再びCICが慌ただしくなった












2023年8月16日am11:45 紅魔館 庭


「わかりました。よろしくお願いします」


その言葉を最後に木島は無線を切る。


「木島三尉、古賀海将は何と?」


「紅魔館と我が方の損害についてをお尋ねになった後、今回の戦闘についての労いの言葉をかけていただいたぞ」


「すごいじゃないですか」


「命かけて戦ったんだからこれくらい当たり前だ」


その時、木島三尉の無線からノイズが走った


『特警01こちら山本。送れ』


「感銘良好。山本、状況送れ」


『咲夜さんは無事でした。しかし、レミリアさんは吹っ飛ばされたときにガラスで頭を切っちゃたみたいで…』


「止血できそうか?」


『頭だけなら余裕なんですけどねぇ…』


「何かあったのか?」


『実は、松本のはずした弾丸がよりによってレミリアさんの近くのステンドガラスに命中してしまったそうなんですよ』


「それで怪我しちゃたと…」


『飛び散ったガラスの破片が左腕に突き刺さってしまっていまして、とてもじゃないけど止血できそうにないんですよ』


「わかった。へたに抜こうとするなよ、変な摘出方だと余計に怪我をひどくして終わるからな」


『じゃあ治療できないって言うんですか』


「大丈夫だ、海自のヘリが向かっているから少し待て」


そう言った木島の顔色は勝利の歓喜をかき消すほどに蒼くなっていた
















2023年8月16日am12:00 〝みょうこう〟CIC


そしてここにも勝利の余韻に浸ることなく次にやるべきことを見出し部下に指示を出している男達がいた


「〝いずも〟から救難ヘリが飛ぶらしいが我々もここで黙って見ているわけにはいかない。一号内火艇下ろし方用意」


「砲雷長、君も内火艇に乗り込み救助を手伝いたまえ」


「了解しました」


「〝いずも〟より空自のUH-60j救難ヘリおよびシーホーク対潜ヘリが発艦しました。シーホーク紅魔館へ向かいます」


「艦長、陸自の部隊は無事でしょうかね」


「あぁ、損害を受けていないといいな」



こうして、創設以来初の自衛隊の実戦が終結した



「幻想自衛隊 ~我々は何を守るべきか~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

  • メガネ2033

    大きな能力にはハンデが付くのは定番ですからね(^_^;)
    この他にも疑問に思った点はご質問頂ければ可能な限り対応させて頂きますのだ今後とも宜しくお願いします。

    1
  • ユウ・カジマ・スカーレット

    なるほどピッコロさんみたいな感じですね・・・いっしょにしたら可哀想ですが

    1
  • メガネ2033

    執筆当時は例え吸血鬼と言えど異物が人体に刺さった状態で回復することは無いと考えていました。
    また、自然治癒能力のような大きな力の使用は人体に負荷がかかるものと思われますのでフランとの全力戦闘を行った直後での回復は難しいと判断いたしました。

    1
  • ユウ・カジマ・スカーレット

    レミリアは吸血鬼なので傷口は一瞬で自己回復できるのでは?

    1
コメントを書く