幻想自衛隊 ~我々は何を守るべきか~

メガネ2033

第6話 紅魔館

2023年8月16日am9:45 紅魔館 (木島三尉視点)


声のした扉の方を見ると小学1~3年生ぐらいの少女が立っていた


「私がこの紅魔館の主レミリア スカーレットよ。どうぞよろしく」


吸血鬼が支配する館の当主と言うからドラキュラのモデルになったウラド公のような人物を想像していた俺は唖然としてしまいレミリアの挨拶に応えることが出来なかった

代わりにSITの松村巡査部長が挨拶に応えた


「初めまして。私は警視庁刑事部特殊捜査班の松村正人巡査部長です。本日はお忙しい中、面談に応じていただきありがとうございます。どうぞよろしくお願いします」


松村巡査部長の言葉を聞いて我に返った俺も前に出た


「日本国陸上自衛隊特別警護分隊 分隊長の木島正義三等陸尉です。本日はどうぞよろしくお願いします」


「そう、貴方が...」


「は?」


「なんでもないわ。早く本題に入りましょう。立ち話も何だし座って頂戴」


特に断る理由もないので指示に従い円卓に腰を下ろした

レミリアの回答に違和感を覚えながらも交渉を見守ることにする。

俺に与えられた今回の任務はSITの護衛と交渉の過程で自衛隊が不利にならないよう計らうことだ。


「咲夜、お茶を入れて頂戴」


「かしこまりました」


西欧の貴族と従者の会話はこんな感じなんだろうなと想像しつつレミリアと咲夜のやり取りを眺めていると...突然咲夜が消えた

驚き周囲を見渡すと咲夜は先ほどの位置から10メートルほど離れたところで一礼していた


(バカな!こんな一瞬でどうやって...)


驚愕しつつレミリアに視線を向けると彼女は優雅に紅茶を飲んでいた

まさかと思いつつ自分の手元に視線を落とすと、そこにも紅茶の入ったティーカップが置いてあった

ご丁寧に砂糖の入った小瓶を添えてだ


「いったいどういった手品ですか?」


交渉相手の能力を探るのは失礼になるかもしれないとわかっていても質問することを止めることはできなかった


「ああ、そう言えば言っていなかったわね。咲夜は時を止めることが出来るのよ」


その言葉を聞いて俺は戦慄した。時間を止められた状態で後ろからナイフで刺されたら一切の抵抗もできないではないか。つまり彼女は優秀なメイドであると同時に強力な暗殺者にもなりえるということか


「早く本題に入りたいのだけど」


レミリアの苦情を受け松村巡査部長はすぐに本題に入った


「では、単刀直入に申し上げます。あなた方に我々と安全保障条約を結んでほしいのです。この条約はどちらかが危機に陥った際に助け合うといったものです。博麗霊夢と言う女性からあなた達は幻想郷でかなりの権力を持っていると聞いています。どうか力を貸して頂けないでしょうか?」


レミリアは少し考えるふうにしてからこちらを見つめる


「なぜ私たちなの?霊夢でも護衛には十分だと思うのだけど」


「一応は頼んでみたのですがこの湖に居るときの安全はあなた方に頼めとのことだったので」


「ふーん。相互防衛の義務を負うって言ったけど貴方たちに私たちが守れるのかしら?別にあなたたちの力を借りるまでもなく大抵の敵なら自分達だけでどうにかできるわよ」


そう言われるとこちらの立つ瀬が無くなる


「ではどうしたら我々を認めてくれますか?」


「そうねぇ。取り敢えず咲夜と戦ってみて、それで勝てるようなら考えてあげる」


「木島さん。大丈夫でしょうか」


「はぁ、まあいいんじゃないでしょうか」


「交渉成立ね。咲夜、今日は曇りだし外で戦いなさい。私も外の人間がどれくらい強いのか見てみたいから」










2023年8月16日am10:00 紅魔館 庭 (山本一曹視点)


「三尉、本当に良かったんですか?我々の戦闘の結果で今後の関係が決まるんですよ」


「なぁに大丈夫だろ。そうそう、彼女と模擬戦やるのはお前だからな」


「はぁ!?何で俺なんですか。自分でやってくださいよ」


突然の無茶振りに思わず変な声がでた。いや、普通こんな大事なことは事前に通達されて然るべきだと思うじゃん


「お前だって一応、陸上自衛官だろ。こんな動きづらそうな服着た女の子にはいくらなんでも負けないだろ」


「俺が対人格闘弱いの知っていて対戦相手の前でからかうなんて良い趣味してますね。分かりました、やりますよルールを教えてください」


まぁ、何やかんやで俺も男だ。女の子の前で強いところを見せたいと見栄を張ったのは事実だしプライドもある。それに陸自の辛い訓練を積んできたのに、こんな華奢な女の子に負けるなんて嫌すぎる


「勝負には訓練用のゴム製ナイフを使う。相手の喉元にこのナイフを突きつける又は降参した方が勝ちだ。それと万が一負傷者が出た場合に備えてレミリアさんのご友人であるパチュリー・ノーレッジさんにも審判兼医官として参加してもらう。だから多少の怪我なら治るから安心していい。質問はあるか」


質問をとった木島三尉に咲夜はこう聞いた


「何でナイフを使うのですか。多少の怪我は治るなら貴方達の使う武器を使用すればいいのでは?」


「それはできない。これは当たり所によっては即死してしまう武器だからな。あんたがいくら丈夫な体を持っていて魔法で大体の傷を治すことが可能だとしても…死体の傷を治すことになったら意味がないでしょ。それに得意な武器を使った相手の本気も見てみたいですし」


「随分余裕ですね」


「いえいえ、そんなことはないですよ。そこの山本一曹は小隊一のへたくそですからね。不安でしょうがないですよ」


「そうですか、まぁ早く始めましょう。晴れてきてはお嬢様のお体に障りますし」


「了解です。山本、咲夜さん準備は大丈夫か」


「大丈夫です。咲夜さん申し訳ありませんが本気で行かせてもらいます」


「どこからでもかかって来てください」


「いくぞ、模擬訓練始め!」



「幻想自衛隊 ~我々は何を守るべきか~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く