魔術学院最下位の俺が最強スキル絶対真眼を手に入れちゃいました。~必ず首席で卒業してみせる~

一条おかゆ

第28話 アマネ・ハルデンベルク

「ふぅ~あったかいですね」
「そうだな、やっぱり温まるな」
「……」

 馬車に乗り始めてから数日が経った。
 既に夜も深いし近くに村などは無いので、俺と少女と御者さんの3人で野営していた。

「このスープ、おいしいね」
「……」

 無視。
 ……相変わらずこの子は口を聞いてくれない。
 それでも、前よりはなんかこう……柔らかくなった気がする。

「はは、相変わらずだなアベル君。まぁでも旨いだろ、嫁においしい作り方教えてもらったんだよ」
「へぇ、どんな奥さんなんですか?」
「そりゃもう、気が強いのなんのって」

 御者さんは笑みを浮かべ、楽しそうに語る。

「この前なんてちょっと文句言われただけで怒っててさ。それに1か月前なんて……」

 御者さんはものすごく楽しそうだ。
 家族がいて、幸せがあって。
 こうして仕事している間も会いたいんだろう……。
 俺も……会いたいな。

「はは、ちょっぴり恐いですね」
「だろ。昔は可愛かったんだけどなぁ~ははは」
「……」

 こうして火を囲んで食事をする。
 そして御者さんの話に、俺が相槌を打つ。
 ……その姿にちょっぴり少女は楽しそうだった。

 しかし平穏は、突如として崩れ去った――

「おやおや、楽しそうですね。私も混ぜてくれませんか?」

「誰だ!」

 俺はその声にとっさに立ち上がり、振り返る。

「誰だとは失礼ですね」

 振り向き見るその男は、身長2mを越す長身痩躯。
 その異様に長い手足に、なによりも一層目を惹くのは……。
 一切隠そうともしない黒い翼――

 間違いない、魔族だ。

「お、俺達に何の用だ!?」

 俺は勇気を奮い立たせて問いかけるが、足は軽く震えてる。
 ……あまりにも情けない。

「分かりませんか?」

 徐々に男の殺気が強くなっていく。
 それによって俺の額から汗がにじんでいく。

「いいでしょう。なら教えて差し上げましょう」

 ……嫌な予感がする。
 それにおそらくこの予感はあたっているだろう。

 俺は気付かれないように、腰の杖へと手を伸ばす。

「あなたを殺しに来たのですよ」

 はやり!
 俺は瞬時に杖を構えた。
 しかし――

「無駄ですよ」

 ――速い。

「なッ!?」

 先程まで距離があったはずだ。
 なのにもう目の前に立っている。

 だが時既に遅く、

「ぐおおぉぉ!」

 腹に強力な蹴りを叩きこまれて、後方に大きく吹き飛んだ。

「反応は出来ていたようですが、まだまだ遅いですねぇ」
「アベル君!」
「ッ!」

 ……二人とも、俺の心配をしてる場合じゃないぞっ!

「では、次は……」

 再度男の姿が消える。
 そして、

 ――バンッ!!

 と、御者さんも吹き飛ばされた。

「おやおや、まだ魔術さえ使っていないですよ」
「身体強化系のスキルか……っ」

 俺は地面に倒れ込んだ状態のまま魔族の男に話しかける。

「正解です。ま、知り得た所でどうしようもありませんけどね」
「くそ……」
「……それより新魔王様の時代にはいらない人がいますねぇ」

 魔族の男は少女の方へと向き直る。

「……」

 しかし少女は動かない。
 微動だにせず、ただ男の顔を見つめている。

「ふっ、どうやら心を失ったようですね。なら今楽にして差し上げましょう」

 魔族の男はその右手を振り上げた。

「動け! 殺されるぞ!!」
「……」

 なんでこんな時にあいつは動かないんだ!
 諦めるな……ッ!

「『闇刃(ダークエッジ)』」

 魔族の男は詠唱と共に漆黒の刃を出現させる。
 だが、

「『絶対真眼』!!」

 俺はその漆黒の刃を崩壊させた――

「なに!?」
「……ッ!」

 驚く魔族の男と少女。
 俺は二人の視線を受けながらも立ち上がった。

「生きる事を諦めるな……」
「……」
「お前が今までどんな事を受けてきたかはわからない。なら、俺がそれを忘れさせてやる!!」
「……っ」

 ふぅ……。
 少し恥ずかしいけど……彼女の心に届いただろうか。
 もし届いたらなら……

 なおさら負ける訳にはいかないなッ!

「調子に乗るなよ。『闇刃(ダークエッジ)』!」

 刃が飛んでくる――
 しかし、その刃は俺には届かない。
 空中で霧散し、闇夜に消えていく。

「当ててみな、くそ野郎」
「こんっの!」

 魔族は翼を大きくはためかせこちらに突っ込んでくる。
 その動きは速い。

 ……だが、見える!!

「おらぁぁ!!」

 俺はその右手を紙一重でかわし、顔面に拳をお見舞いした――

 いつもより俺の動きがいい。
 魔石を食べた影響か!?

「くっそ!『闇壁(ダークウォール)』!」

 男は漆黒の壁を展開する。
 だが、俺はその壁に向かって走る――

「『絶体真眼』!!」

 俺は壁を崩壊させ――

「『石弾(ストーンバレット)』!」

 石の弾丸で身体を貫く!

「ぐおうっ!!」

 男に対して駆ける俺に、返り血が飛んでくる。
 そしてその返り血は俺の頬に触れ――

 これだ!
 身体に力が漲る!
 これなら……ッ!!

「っくそ!」

 魔族の男はすぐに体勢を整えた。
 そして魔術は意味ないと理解したのか、右の手刀を高速で放ってくる。

 俺はそれに対し、

「『魔剣(ダーインスレイヴ)』!」

 反射的に、その手刀を斬り飛ばした――

「うっぐうぅぅ!!」

 俺の右手に収められているのは、闇を凝縮したかのような漆黒の剣。
 色や雰囲気が、カインとの戦いの時に出した漆黒の槍とどこか似ている。

 最初は『絶対真眼』のスキルの片鱗かとも思った。
 だが『遅緩時間』や『崩壊』のように、この赤い瞳に関係したものじゃない。
 そして目覚める条件はどちらも……魔族の血。
 この力は……明らかに異質だ。

「そ、その力は真祖の……は、はは」

 魔族の男は無くなった手を抑えながら、その場にかがみこむ。

「後悔するなら、襲ってこないようにするんだな」

 容赦はない。
 何故か背中に感じる温かい感触を不思議に思いながらも、俺は剣を男の眉間に向けた。

「やめて、やめてくれよ! 俺達仲間だろ!」
「……何を言っている。お前が何を言おうと、俺はお前の仲間なんかじゃない。俺は……お前が殺そうとした、そこの少女の仲間だ」
「くっ……! た、たのむよぉ! 命だけは助けてくれよ!」

 魔族の男の、情けない命乞い。

 ……どうしようか。
 命乞いをする人間をばっさりと斬れるほど、俺も修羅場をくぐってきてはいない。
 でも、俺を殺そうとしたのは事実だ。
 殺すか見逃すか、その二択に俺は悩むが、

「二度と顔を見せるなよ」

 最終的に俺は背を向けた。
 見逃してやる事にした。

 しかし、それは間違いだった――

「甘ぇなああぁぁ!!」

 俺が背を向けた一瞬の隙を突き、魔族の男は残っっている左手の手刀で突っ込んでくる。

 ……ッ!!
 やばい、間に合わない!!
 こいつっ――――

 しかし、俺に触れる前に魔族の男は止まった。

「……え? 何故、身体が動か、ないんだ?」

 そしてその瞬間。
 魔族の男は身体の内側から爆発した――

「な……何があったんだ……」

 全身に返り血を浴びながらも、俺は呆気にとられる。

 何があったのか、全く理解できない。
 俺には、男が急に爆発したようにしか見えなかった。
 この場にいたのは、俺と魔族の男と気絶した御者さん、そして……少女。

「……油断。……ダメ」

 少女はその小さな右手を伸ばしていた。

 男が爆発した原因は、おそらくこの子のスキル。
 どうやら、助けられたようだ。

「あ、ありがとう」

「……こっちこそ、ありがとう。……私。……もう諦めない」

 相変わらず口数は少ない。
 でも……ようやく口を開いてくれた。

「一つだけ教えてくれ」
「……いいよ」
「名前はなんていうんだ?」
「……」

 また黙ってしまった。
 ……俺地雷踏んだか?

「……つけて。アベルが。」

 そうか……。
 ここからが彼女の新しいスタートなんだな。

「……アマネ・ハルデンベルク。これでどうだ?」

 俺は似た知り合いの名前を彼女に与えた。

 この名づけが果たして良かったのかは分からない。
 でも彼女の名はアマネ・ハルデンベルク。
 何故かそんな気がした。

「……良い名前」
「よろしくな。アマネ」
「……うん。……よろしくね、アベル」

 そうして俺達は次の町へと、再度向かい始めた。

◇◇◇

「……ん。……あっ」

 アマネの瑞々しい唇から嬌声が漏れる。

「もう一回しておくか?」
「……うん」

 曝け出された陶器のような肌。
 白く、すらりとしたその肢体に再度指先を触れさせる。

「……んっ」

 指先がその肌に触れただけで、アマネの身体が軽く震える。
 とても敏感なようだ。

「じゃあいくぞ――」

 しかし、俺の指先はその敏感な肌から離れない。
 どころか、すぅーとその表面を優しくなぞり――

「『再生(リジェネート)』」

 回復魔法を唱える。

 そう俺はアマネの身体に回復魔法を使っていたのだ!

「……んっ」
「よし、これで全部かな」

 アマネの身体には、あざや打撲痕が大量にあって、中には切り傷や火傷痕なんかもあった。
 どれ程ひどい仕打ちを受けてきたのかは分からないけど……見てるこっちまで悲しくなってくる。
 だから傷を回復させるのは、俺にとって最優先事項だった。

 それにアイルトンに着くまで、まだしばらく距離がある。
 その間に、この傷のまま襲われたらたまったもんじゃないしな。
 ……まぁ別の意味でたまりそうだけど。

「……ありがとう」
「いいよ、別に」

 こうして俺はアマネの傷も治し、その夜はぐっすりと眠った。
 ……カレンやオリヴィアの事を思い出して少し泣いてしまったのは、アマネには秘密だ。


「魔術学院最下位の俺が最強スキル絶対真眼を手に入れちゃいました。~必ず首席で卒業してみせる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く