神聖具と厄災の力を持つ怪物

志野 夕刻

五十三





 「魔法で姿を消してるのは分かってんだ。とっとと、姿を現しやがれ!」
 ヴェルストがそう言うと、相手の姿が足から顕になっていく。
 「魔法を使ってるのまで見破るとは······流石だな、ヴェルスト・ハーディ」

 姿が完全に見えるようになった時、そこにいたのは、スレンダーな二十代前半の女性だった。

 腰には剣を携えており、顔立ちは美人の部類に入るといっていいだろう。
 前髪は長く、左の目元を隠したヘアースタイルをしている。

 「あっ? てめぇ何で、オレを知ってやがる?」
 「ワタシが王国に在籍しているからだ。キサマの事は、何年も前から知っている。かつての魔法使団長の弟子だった事もな」
 そう言われると、ヴェルストの顔色が変わる。
 「それ以上言うんじゃねぇ!」
 「ほぉ? やはり、触れられたくなかったかな?」

 「ヴェルスト、どうゆう事よ?」
 「そうなのです! かつての魔法使団長の弟子だったとは?」
 ミレイとリアは問う。
 ヴェルストは舌打ちをし、仕方なく答え始めた。
 「当時の魔法使団長が、オレの師匠だったってだけだ」
 「でも、あんた······魔法曲芸士の一座にもいたじゃない······?」
 「輝炎の一座にいたのは、それより後の事だ」
 「一体、何があったのよ······?」
 ミレイは疑問に思い、つい問うように呟く。

 すると、女性は不敵に笑った。
 「知りたいか? ならワタシが教えてやろうか?」
 「てめぇ、それ以上喋るんじゃねぇ!」
 「そいつの師匠はな、死んだんだ。正確には、何者かに毒殺されたのさ」
 その言葉を聞き、一同の表情が険しいものに変わる。

 中でもヴェルストは、不快さと怒りを顕にしていた。


「神聖具と厄災の力を持つ怪物」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く