神聖具と厄災の力を持つ怪物

志野 夕刻

五十二





 「ここは······」
 ミレイは、見覚えのある場所に声を洩らす。
 「久方ぶりではないか」これまた、聞き覚えのある声に、ミレイ達は振り向く。
 そこには、豪奢な椅子に座っている一人の者がいた。
 「しかし随分、仲間が増えたものだな」
 「お初にお目にかかります、ヴィンランド国王陛下······私はアイリス・フィーストと申します」

 「挨拶は構わん。いきなりだが説明からさせて貰うとしよう。急いでるのでな」
 国王陛下は、横に控えている宰相に目配せする。宰相は、頷くと口を開いた。
 「そこにいるグリウォンから聞いたと思いますが、救済の杯は盗まれて御座いまして。そこでシング様達には、神聖具を奪い返してほしいと思っております」
 「僕達にですか······」
 シングは何処か迷いのある表情だ。

 「左様です。あとは、グリウォンから説明をお聞きくださるようお願いします」
 すると、その場にいたレナードが引き継ぐように口を開く。
 「さて、皆さん。······神聖具を盗んだ者は今、旧ランカスター王国内のある都市にいます」
 「何でそんな所に······どうゆう事よ······?」
 ミレイの問いに、レナードはすぐ答える。
 「その都市の場所がアルドーク帝国へ繋がる国境にあるのです。きな臭いと思いませんか······?」

 言葉を遠回しにするレナードに対して、ミレイは訝しがる。
 「つまり、何な訳?」
 レナードが答えようと口を開く前に、ヴェルストは発言する。
 「つまりだ······要は、帝国が絡んでるかもしれねぇ訳だろ?」
 「はい、そういう可能性もある訳です」
 「何だ······それならそう言いなさいよ」
 ミレイも納得した所で、レナードが咳払いをする。

 「それでは早速、皆さんにはその場所へ行って貰います。魔法を使うので一瞬ですから······ご安心を」
 「ちょっと待って下さい! リア達は今、来たばかりなのですよ! 又なのですか!?」
 「そうよ! リアの言い分も最もだわ!」
 リアとミレイは声を上げるが、レナードは構わず詠唱を開始した。
 「汝らを送るは、輝く導き手······その導きを辿り、彼の地へ到らん! センド・デスティネイション!」
 ミレイ達五人は、煌めきの渦に包まれていく。

 「師匠の横暴~なのですぅ~!」
 リアの叫びが響き渡る中、煌めきに呑まれるように、五人は消えていった。



 「ここは······?」
 ミレイは周りを見る。ここは、狭い室内で木造りで出来ていた。部屋の外が見れる窓も付いている。
 
 状況が良く呑み込めない中、ヴェルストは背後を振り向き、腰のダガーナイフを抜き放つ。
 「誰だ! 出てきやがれ!」
 ミレイやシング、リア、アイリスも背後を振り返った。

 「ほぉ? 良くワタシの気配に気が付いたな?」
 突如、他に誰もいないのに、声が響いたのだった。


「神聖具と厄災の力を持つ怪物」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く