神聖具と厄災の力を持つ怪物

志野 夕刻

五十





 通路を歩く二つの足音が響いている。
 聖女ソフィーとアイリスは、シェインのいる寝室に向かっていた。



 少しして、一つの扉の前で二人は足を止める。聖女ソフィーは、静かに扉を開け、中に入っていく。
 アイリスも入っていき、最後に扉を閉めた。
 二人は、シェインが眠っている寝具に近付く。
 目の前で止まると、聖女ソフィーは憂いのある表情をして、自身の弟を見る。
 「シェイン······」
 そんな聖女を見て、アイリスはいたたまれない気持ちになった。
 「聖女様······」

 それから場が静寂に包まれる。

 少し時が経過した。

 すると、聖女ソフィーが口を開く。
 「ねぇ、覚えてる? あなたが侍女として私と一緒にいた頃のことを······」
 「はい、覚えています······」
 「私が十の時で、アイリスが十二でしたね。あなたは、私にとって姉のような存在でした」
 そこで聖女ソフィーは微笑む。
 「あなたがいた頃は楽しかったですよ。そこに、途中からシェインも加わり本当に幸せでした」

 「聖女様······」
 アイリスは、何故か複雑そうな表情を見せた。
 「アイリス······『聖女様······』なんて堅苦しいですよ。今は他の人達はいないのですから······昔のように······」
 「昔の様にはいきません······」
 「アイリス、どうしたのですか······?」
 「貴方は、聖女様で······私は一介の司教なのです······昔と同じ様にはいきません」
 「アイリス······貴方だけは違うと思ったのですが······」
 聖女ソフィーは寂しそうな顔を見せた。
 しかし次の瞬間、上目遣いに懇願する。

 「本当に駄目ですか······?」

 「その表情はずるいです······」
 アイリスは、溜め息を吐く。
 「仕方無いです······」
 それからアイリスは、言いづらそうに、だが口を開く。
 「ソ······ソフィー······。これで······宜しいですか?」
 「ええ。なんか嬉しいですね」
 聖女ソフィーは、満面の笑みを浮かべた。
 対して、アイリスも微かだが笑みを浮かべる。

 程無くして、聖女は表情を改める。
 「······シェインの笑顔を又、前のように見れるんでしょうか?」
 聖女ソフィーのその表情は、不安と闘っているように見えた。
 アイリスは言葉を返す。
 「はい、シェイン様は······いえ、シェインはきっと、ソフィーに又笑顔をみせてくれます······」
 聖女ソフィーは、言葉ではなく柔らかな笑顔で反応した。
 まるで······アイリスに感謝している様に。






 それから時が過ぎ、朝日が二度、宮殿を照らした。その日の昼食をとっている頃合いに、事は起きる。

 いきなり、シングの背後から何かが現れていく。何も無い空間にだ。
 やがて、完全に現れて姿が明らかになる。
 それは一匹の白い鳥だった。

 一同は席を立ち、警戒態勢を取る。


「神聖具と厄災の力を持つ怪物」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く