神聖具と厄災の力を持つ怪物

志野 夕刻

四十八





 それから何度、朝を迎えただろうか?
 ミレイは、悪夢から覚めたかのような声を出して目を開ける。
 「んっ······? ここは······?」
 「ミレイさん、気が付いたのですね!」
 リアは心配そうに、寝具に横になっているミレイの手を両手で握っていた。
 「あたしは······確か······」
 「ここは宮殿なのですよ。ミレイさん、ずっと目を覚まさないから······心配で······」
 「リア······」ミレイは、上体を起こす。
 「そうなのです! 皆を呼びに行ってくるのです!」
 リアは走って部屋を出ていく。

 ミレイは、倒れる直前の事を思い出していた。
 「あたしは······。んっ······?」
 彼女は何か違う事に気付く。生えている牛の尻尾が長くなっていたのだ。
 「なっ、これは!? まさか!」
 ミレイは、頭部の二本の角を手で触る。
 「角も長くなってるじゃない!」
 思案する彼女。間違いない······ディザスター化が進んで······。
 ミレイは確信した。



 時が経過して。
 ミレイのいる一室に、聖女ソフィーと司教アイリス、ヴェルスト、リアが集まっていた。何故か、シングの姿がない。
 ミレイは、その事も気掛かりだったが、今はこの重い沈黙が居心地良くなかった。

 暫くして、聖女ソフィーが口を開く。
 「ミレイ······あなたには申し訳なく思っています······」
 ミレイは、何の事か察しは付いていた。
 「その先は言わなくていいわ······ディザスター化が進んでいるのよね?」
 「······その通りです」
 「ミレイさん······リアがあの時止めていれば······!」
  リアは、今にも泣きそうな表情をしている。
 「リアのせいじゃないわよ······これは、ディザスター、ミノタウロスの呪いみたいなものなのよ······仕方ないわ」

 又、重い雰囲気に包まれる。

 「それはそうと、シェインは······?」
 ミレイは話題を変えた。
 「シェインは······今は落ち着いていますよ······只、力を使って体力がないみたいで、今は寝ている時間が多いのです」
 「そう······あたしに構わないでシェインのとこ行っても良いのよ?」
 その言葉に、聖女ソフィーは複雑そうな表情をする。
 暫くして。

 「今日はまだ······シェインの所に行ってないので失礼しますね。ミレイ、申し訳ありません」
 聖女ソフィーは頭を下げる。
 「では私も失礼致します。聖女様と同じく、シェイン様の事が気になるので」
 そう言うのは、司教アイリス。
 二人は揃って、退室していく。
 「ならオレも、ここに用はねぇから行かせて貰うぞ」
 ヴェルストも部屋を出ていった。

 すると、部屋にはミレイとリアの二人だけになった。
 「リアもいいのよ?」
 その言葉に、リアは横に首を振る。
 「リアは······ミレイさんといるのです」
 「そう······そういえば、シングは?」
 「シングさんは、更に元気がなくて大変なのです」
 リアの言葉を聞いて、ミレイは思案する。
 程無くして。

 「リアに任せたい事があるわ」
 「任せたい事······なのですか?」
 「そうよ。あたし達はシング支援同盟よね?」
 「そうですね······?」
 「なら、あんたにシングを任せるわ!」
 「リアにですか?」
 「そうよ」
 その肯定を聞くと、リアの表情が嬉しさで満ちていく。
 「······ミレイさんがそう言うなら。リアにお任せなのです!」

 リアは部屋を出ていくと、シングを探すため通路を歩きだした。
 「どこにいるのですかね? シングさんは······?」
 ふと、リアの視界に探していたシングが映る。
 「シングさんなのです······」

「神聖具と厄災の力を持つ怪物」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く