神聖具と厄災の力を持つ怪物

志野 夕刻

三十二





 その場に居たのは、二十代前半に見える女性だった。
 髪色は白に近い薄い金。
 前髪は右に八の割合で流しており、後ろ髪は背中の半分程まであり、毛先はカールしている。

 瞳は琥珀色で、まつ毛が長い。
 一言で表すと、目鼻立ちの整った美人だ。

 装いは、白を基調としていて、頭には、宝石の飾りが付いた帽子を被っている。
 着用しているものは、豊満な胸元を強調したデザインだ。
 上腕と前腕、手は薄い布地の手袋で覆われており、肩は露出している。

 長いスカート部分は、右腰辺りからスリットが入っていた。
 スリット部分から覗くすらりとした足には、黒のタイツと白のロングブーツを身に付けている。

 「わぁ、凄い美人さんなのです~」
 リアは、その女性の美しさに素直な感想をもらす。
 「で、あんたが司教?」
 ミレイは問う。
 「はい、私が司教のアイリス・フィーストといいます。よろしくお願いします」美しい女性、アイリスは肯定し、そう名乗った。

 「そう、ずいぶん若いみたいだけど」
 ミレイがそう言うと、アイリスは笑顔で言葉を返す。
 「あら、貴方の方が若いと思うのですが······色んな所が」
 アイリスは、ミレイの胸へ、視線をちらっと送った。
 「なっ! あんた今、胸見て言ったわよね!」
 ミレイは、恥ずかしさと怒りのあまり、顔を赤らめた。

 「あら、胸の事なんて言ってませんが? もしかして、胸が小さい・・・・・の気にしていらっしゃるんですか?」
 アイリスはあえて、挑発するように言う。
 「あんた、喧嘩売ってるならやってやるわよ!」
 ミレイは、アイリスに向かって進み出ていく。
 「ミレイ落ち着いて!」
 次にするである行動を察して、シングが腕を掴んで阻止した。
 「そうなのです! シングさんの言う通りですよ!」
 リアも、片方の腕を掴んで止める。

 だがミレイは、掴まれても二人を引きずって歩き出した。
 「ヴェルスト、見てないで手伝ってなのです~!」
 リアは、ヴェルストに助けを求めるが、彼は即座に断る。
 「止めて、オレに得があんのか? めんどくせぇ······」
 「そんな、このままだと······! ミライさんは、アイリスさんを!」
 ミレイは、その間も進んでいた。
 近くまで距離が縮まった時、シングとリアは諦めかける。
 「もうダメなのです~!」

 「ずいぶん、盛り上がってみたいだね」突如、声が響く。
 そこには一人の神道兵がいた。
 ミレイは、その声と姿に驚いた。神道兵の格好をしているが、ミレイの知っている者だからだ。
 「あんた、もしかして! シェインじゃない!」
 「久し振り。まあ、といっても、一緒に居たんだけどね。後方にだけど」
 「そう、それでその格好は?」
 ミレイは問う。
 「神道兵の格好でもしないと、付いてこれないからね」
 その言葉に、ミレイは溜め息を吐く。
 「あんたは、全く······」

 ミレイ以外の者は唖然としていた。シェインには心臓の病があるのを知っているためだろう。
 皆、何でこんな所に? と思ってそうな表情をしている。
 アイリスも驚愕の表情を浮かべていた。
 「シェイン様······! 何でこの様な危険な所に······」
 「やだなぁ、アイリス姉ちゃん。前みたいにシェインって呼んでよ」
 「それは昔、聖女様のお世話をするため宮殿に居た時の話です」
 「そんなこと言わないでよ······昔も今も変わらないじゃん。呼び捨てしてくれていた時だって、ボクは救世主の力を持ってたし」
 シェインは寂しそうな表情をしている。

 彼の言葉に、アイリスも何処か辛そうだ。
 「変わらないものなんて······無いんです······私は······で、シェイン様は······」
 アイリスの言葉が、部分的に小声でシェインとミレイ達は、良く聞き取れない。
 「今、なんて······?」
 シェインは聞き直す。
 「······何でもありません。それよりシェイン様は、明日戦いが始まりましたら、後方の補給隊に居て下さい」
 シェインは、不満そうだが了承する。
 「仕方ない、分かったよ」

 それから、落ち着いたミレイと仲間達は名乗っていく。
 名乗りが終わると、ディザスターについての情報を聞き、後は作戦を話し合うのだった。



 「では、明日はその段取りでお願いします」アイリスがそう言って、自身の天幕に向かおうとする。
 すると、シングは止めた。
 「あのアイリスさん、教皇様からこれを預かっていたのですが」
 そう言いつつ、アイリスに手渡す。
 「これは······」
 アイリスは包みを開けていく。
 中に入っていたのは、首に掛けられるよう細工された十字架だった。

 「······まさか、神罰の十字架······!」
 アイリスのその言葉に、シングは反応する。
 「神罰の十字架って、この国が保有している神聖具ですよね?」
 「ええ、そうです。この神聖具とシングさんの鋭光の槍があれば、勝利は見えてくるでしょう」
 「それなら安心できますね」

 アイリスは先程とは違って、表情を曇らせる。
 「只、大丈夫でしょうか······?」
 彼女の表情と発言に、シングは「何がですか?」と問う。
 「いえ、何でもありません······」
 アイリスが、何の事か答えなかったので、シングはそれ以上聞かなかった。

 暫くして、夕食の準備が出来たので、各自食事を取る。
 取り終わると、この日は翌日の戦いに備えて、早々に休むのだった。

「神聖具と厄災の力を持つ怪物」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く