話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

神聖具と厄災の力を持つ怪物

志野 夕刻

三十





 ノックの音で、ミレイは目を覚ます。
 「······誰よ······? こんな朝早くに······」
 ミレイは寝台から出て、服を着替えようとする。
 「ちょっと待ってなさい!」
 だが、着替える前に「入るよ」と声が響き、扉が開けられた。

 「なっ! 待ってなさいって言ったわよね! って、あんた、この間の子供じゃない」
 ミレイの視線の先には、真剣な表情のシェインが立っている。
 「話があって来たんだ······ボクに協力してほしいんだよ」
 「······話を聞いてあげるわ。こっちに来たら?」

 ミレイにそう促され、シェインは寝台に座った。
 「で、何の話よ?」
 シェインはその質問に、間を置いてから答える。
 「······話っていうのは······ボクに神聖具を創らせてほしいんだよ。そうすれば、現れているディザスターを倒せると思うんだ」
 「そんなの駄目に決まってるじゃない」
 ミレイの言葉に対して、シェインは「何で、何でだよ! ボクだって役に立ちたいのに!」と立ち上がる。
 「駄目なものは駄目よ······さっさと部屋に戻りなさい」

 シェインは再び座ると、落ち着きを取り戻した様子で、言葉を発する。
 「······ボク、知ってるんだよ。何で皆が、神聖具を創るのを止めるのか······ボクの病気が原因だよね?」
 ミレイは一瞬、顔色を変える。シェインにさとられないよう、すぐに表情を戻したが。
 だが、シェインは気付く。
 「その顔は、やっぱりそうなんだ······。あんなに周りが、必死な顔してちゃね······バレバレだよ」

 「その事が分かってて······何であんたは神聖具を創ろうとしてるのよ?」
 ミレイは、疑問に思ってそう質問した。
 シェインはすぐに答える。
 「それは、役に立ちたいんだ。ソフィー姉ちゃんは、聖女として皆のために何かをしている······だからボクだけが、足を引っ張ってるのは嫌なんだよ」
 意外な答えに、ミレイは黙ったまま、シェインの顔を見ていた。
 「何だよ? その顔は?」
 シェインは問う。

 「別に······。あんた、意外と繊細なんだって思っただけよ」
 「悪いかよ?」
 「悪くないわよ。誰だって、悩んだりする事はあるはずだし」
 ミレイのそう言い終えると、場が静かになる。

 暫くして、シェインは再び、話を本題に戻す。
 「やっぱり、ボクに協力してほしいんだ。頼むよ······」
 ミレイは溜め息を吐く。
 「事情は分かった······でも、協力は出来ないわね」
 その言葉にシェインは、「分かった、諦めるよ······」とあっさり引き下がった。

 「じゃあ、戻るよ······」
 彼はそう言って、扉まで歩いていくと、開けて出ていく。
 扉は静かに閉められるのだった。


「神聖具と厄災の力を持つ怪物」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く