神聖具と厄災の力を持つ怪物

志野 夕刻

序章







 紅い炎が、そこらの建物内の通路を踊りくるうかの様に燃やしている。 
 その紅い炎と似た赤い髪の少女は、炎の起こす煙にむせながら、右手で口と鼻を覆っていた。


 たどたどしい足取りで通路を進んでいく。すると、複数の足音が激しく迫って来る。


 「いたぞ!」
 鎧を身に付けた一人目の屈強な男が、眼前の赤髪の少女を発見すると叫んだ。
 男は腰の鞘から剣を抜き放ち、斬ろうとする。


 「おい、待てよ! よく見りゃこの娘、中々可愛いじゃねえか。ここは俺らで楽しまねえか?」
 二人目の若い男がそう言って止めると、屈強な男は「······それもそうだな」と同意する。


 「おれも賛~成」
 三人目の軽薄そうな男もそう言うと、屈強な男が赤髪の少女の腕を掴んで引っ張る。「おら、こっちに来い!」


 「いや、やめて! あんた達何する気!? あたしが誰だか分かってるの!?」
 赤髪の少女は声を荒げながら、男の手を振りほどこうとする。


 「分かんないな。ここはもう戦場だ! 戦場である以上、身分が関係あるか!」屈強な男はそう言った後、高らかに笑った。


 「いや、離して!」
 赤髪の少女は諦めずに抵抗していくが、男の力には抗えないのだろう。
 次の瞬間には、男の肩に担がれていた。


 「下ろして! 下ろしなさいよ!」
 少女はそれでも抵抗を続ける。
 「暴れんな! ったく、めんどくせえ」屈強な男は構わず、担いだまま歩いていく。


 「ハハハッ! 抵抗したって無駄だぜ。これからお前は俺らのなぐさみ者になるんだ。誰も助けになんて来ねえよ!」若い男は下卑げびた笑いを上げ、そう言った。


 「そうそう!」軽薄そうな男もにやにやと笑う。
 赤髪の少女は、「そんなことないわ! 絶対助けに来てくれるんだから!」と言うと、目を閉じ唇にぎゅっと力をいれて願う。


 (絶対あいつが来てくれるんだから······! あの時みたいに······)
 「勝手に言ってろ。さて······」男達の足取りが止まった。気づけば屈強な男の手によって、建物の外に出ていた。 
 男は少女を下ろすと、スカート部分の布を引きちぎり、逃げれないよう両腕と両足を縛っていく。


 「そろそろお待ちかねだぜぇ」
 若い男は少女に近付き、胸元の服を縦に引きちぎる。
 「いや! ······あんた達、こんなことして只じゃ済まさないんだから!」
 赤髪の少女は、男達を強く睨み付ける。


 「こいつ、こんな状況でも良くそんな事言えんな。······気の強い女はきらいじゃねえ。なあ、俺からでもいいか?」
 若い男は、後ろにいる二人の男に聞く。


 「先に良いぞ」「別におれもそれで」
 屈強な男と軽薄そうな男は、揃って譲る。


 「という訳だ。それじゃ、楽しもうぜぇ」若い男は跨がり、顔を少女の顔に近付けていく。
 「いやっ······」赤髪の少女は、抵抗を諦め目を強張こわばらせるように閉じた。
 (······もう、駄目なの?)


 突如、少女と男達に近付く足音が響く。音は大きくなっていき、間近まで迫った時。少年の必死さを感じさせる声がした。
 「ミレイ!」
 赤髪の少女にとって、気力を取り戻させてくれる、安心させてくれる声だった。

「神聖具と厄災の力を持つ怪物」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く