話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

義妹との生活が始まりました

れーめん

第6話

無事に荷物も下ろし終え、零はリビングの机でゆっくり座っていた


「ふぅ。」

「ご苦労さん零!」

「ありがとう父さん」

「雪ちゃんと歩美さんもご苦労さん!」

「ありがとうございます。」


机にりんごジュースを4つ父さんが置いてくれた。
そして、りんごジュースを飲み終え自分の部屋へ行きベットへ寝転んだ。


「おい。おーい。」

「ん?」
(いつの間にか寝ていたようだ。)

「ん!?う、うわぁ!?」


そこには、寝転んだ零の上に乗った雪がいた。


「おい!な、何してんだ!?」

「何っていつまで経っても起きないから起こしに来たんだよ!」

「違う!なんで俺の上にいるんだよ!」

「ん?あー興奮してるのか?(ニヤ)」

「何言ってんだよ!!」
(こいつこんな性格だっけ!?)

「冗談冗談(笑)
それより、早く降りてこいよご飯ができてるから!」

「わかった、すぐ行く。」
(正直焦った…
でも、ギスギスしなくてよかった(ホッ))


「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く