暗黒の元巫女様は、ゆったりとシスター生活を過ごしたです

桜月

〜プロローグ〜とある巫女の話

昔々、朝が来ない夜の暗黒の帝国に
罪人を嫌う闇の巫女様がいました。その巫女は、幼く頃、盗賊によって両親は殺さられてその巫女だけが無事、生き残った事によって、大切な家族を失い、やがて、その巫女様は人を殺めた罪人を深く底から嫌いになりました。

罪軽ければ、罪を背負い道を導く力を与え、罪重ければ、それなりの罰を下し
“永遠”という罪の傷を背負う呪いました。巫女はこう言いました。

《この呪術は、罪を認めない限り、来世も更に遠望
連続の不幸になる呪い…永遠の苦しみを感じなさい
恨むなら貴方の犯した罪を後悔しなさい》

罪に犯した人間には、慈悲なく殺さずただ到すら生きながら苦しむのが巫女の考え方でした。そんな日々を送り、やがて巫女様は、いつしか偉大の巫女様になりました。

ある日の事、暗黒の騎士と王子が巫女様の欲しさのきっかけで戦争が起こりました。

それを見た巫女様は、絶望し、王に頼んで巫女の座を引退をしました。王族や貴族は驚きました。王は理由を求めました。
巫女様は、こう言いました。

《欲に溺れた王子と騎士など興味ございませんもうこの国に愛想尽きました……なので王に頼んだまでです。》

と言い残し去りました。

引退後、巫女様は、旅する事しました。
そんな日々、いつもの通り
村に着き、ここで一晩休む事にしました。

金を渡して、いつもの自分が元巫女だと村長に
言いました。それくらい嫌われるくらい巫女様は覚悟していました。
しかし、巫女様の予想は、遥かに外れて真逆に尊敬していました。

巫女様は、何故嫌われない理由を聞くと
話によると暗黒の帝国とは、仲悪いが…暗黒の巫女様の噂は、
陛下とは違い心優しく、忙しいの中
厳しく苦している環境の土地の人たちに栄養ある料理を提供していた事を
知っていたからです。

巫女の座を降りたと聞き、
村人達、お礼に巫女様を村へ昔々、朝が来ない夜の暗黒の帝国に
罪人を嫌う闇の巫女様がいました。その巫女は、幼く頃、
盗賊によって両親は殺さられてその巫女だけが無事、生き残った事によって、大切な家族を失い、やがて、その巫女様は人を殺めた罪人を深く底から嫌いになりました。

罪軽ければ、罪を背負い道を導く力を与え、罪重ければ、それなりの罰を下し
“永遠”という罪の傷を背負う呪いました。巫女はこう言いました。

《この呪術は、罪を認めない限り、来世も更に遠望
連続の不幸になる呪い…永遠の苦しみを感じなさい
恨むなら貴方の犯した罪を後悔しなさい》

罪に犯した人間には、慈悲なく殺さずただ到すら生きながら苦しむのが巫女の考え方でした。そんな日々を続き、やがて巫女は、偉大の大巫女になりました。

ある日の事、暗黒の騎士と王子が巫女様の欲しさのきっかけで
戦争が起こりました。

それを見た巫女様は、絶望し、王に頼んで巫女の座を引退をしました。
王族や貴族は驚きました。王は理由を求めました。
巫女様は、こう言いました。

《欲に溺れた王子と騎士など興味ございませんもうこの国に愛想尽きました……なので王に頼んだまでです。》

と言い残し去りました。

引退後、巫女様は、旅する事しました。
そんな日々、いつもの通り
村に着き、ここで一晩休む事にしました。

金を渡して、いつもの自分が元巫女だと村長に
言いました。それくらい嫌われるくらい巫女様は覚悟していました。
しかし、巫女様の予想は、遥かに外れて真逆に尊敬していました。

巫女様は、何故嫌われない理由を聞くと
話によると暗黒の帝国とは、仲悪いが…暗黒の巫女様の噂は、陛下とは違い心優しく、

忙しいの中厳しく苦している環境の土地の人たちに栄養ある料理を提供していた事を
知っていたからです。

巫女の座を降りたと聞き村人達、巫女様を最初から村へ歓迎されていたのです。
巫女様はその聞き嬉しさ余りに涙をこぼれていました。生まれて始めて【人間】らしく感情が生まれました。


その後、その巫女様は、…村のとある教会の見習い修道女としては
働く事にしました。
されていたのです。巫女様はその聞き嬉しさ余りに涙をこぼれていました。生まれて始めて【人間】らしく感情が生まれました。


その後、その巫女様は、…村のとある教会の見習い修道女としては
働く事にしました。

「暗黒の元巫女様は、ゆったりとシスター生活を過ごしたです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く