ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード

ベアーズガーデン

42話 再開③

「まさか、あんたの時代風呂無いの?」
とレイヴンは小声でヨハン達にバレないよう
答え、「そうね…桶に温かい湯を溜めてその中に入る文化よ。入る前に石鹸と言うもので頭や体を洗うの。」と教えた。
「なるほど、分かった。」とガラハッドは
返事した。「ん?何、コソコソ話してるんだ?レイヴン?」とヨハンがレイヴンに訪ねた。
「え…えと…」風呂の事教えてましたとは
流石に…言えないわね…とレイヴンが考えているとガラハッドことハリーは
「あぁ…レイヴンはとても良い剣を持ってる、アーマーの物もだが、技も素晴らしい。だが、格闘…素手での戦いはあまり得意ではないようだからこの後、私と組み手をしようという話をしてたんだ」とハリーは返した。

「ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く