ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード

ベアーズガーデン

41話 再開②

「あ、そうだ…泊めてもらわないと…
えっと…フロントの…」とヨハンがフロントの方を指を差しながら言うと…
「突然、悲鳴をあげて申し訳ありません…
私はこの宿の主のカレンです…」とカレンは
返した。
「いや…カレン殿…驚かせてしまって申し訳ない…それで…2週間ほど泊まりたいのだが
幾らかかりますかね?」とヨハンはたずねた
「ええ…2週間なら2食付きで、1400カルフです。」(1カルフ=10円なので14000円、
この世界でのパン1つは3カルフが相場)
「おお!2食付きでこのお値段は嬉しいねぇ、けど良いのかい?相場は1週間4200カルフ位だろう?」
「うちは、目立つものがないし…ご飯も
私達の夕飯を増量して作る物を提供しますし…あと…お風呂が無いんです…」とヨハンが
言うと、「レイヴン…風呂とは何だ?」と
ガラハッドがレイヴンに訪ねた。

「ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く