ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード

ベアーズガーデン

39話 転生②

「この遺体を埋葬してきてほしい」
「なるほど…良いわ引き受けたわ」と言い、
そして、カノンのマントからカチャりと音がした。「これは…?」とランスロットが見て
訪ねた。カノンは「これは宝石転生装置。これであなたは人間になれるわ」と言って、
ランスロットに渡した。「なるほどな…さぁ、初めて。その装置は使ったら塵となって消えるから」と言い死体を埋葬しに去って行ったきり二度と会うことはなかった。「そして、俺は装置を使い人間という属性を手に入れた。これが事のあらましだ」と
レイヴンとガラハッドに説明した。

「ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く