ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード

ベアーズガーデン

34話 トゥー・ダム・トゥ・ダイ

「お父さん!」とメイが叫んで近づいてきた。その魔物は、声に反応してメイを襲った。だが、その男は自分の身をかえりみず娘を庇った。
男は胸から腹にかけて胴体を爪で
貫かれた。もう手遅れだった。
俺は、メイの声が聞こえたあたりから
魔物に向かって、走り出していたが間に合わなかった。
俺は後悔している、メイの父を奪ったも同然なのだから。
私は魔物の方へ行き、首をはねた。
その時だった、男が喋りだしたのは
「はぁ…頼みが…あるんだ…」

「ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く