ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード

ベアーズガーデン

33話 過去を喰らう③

「それは、俺が3年前封印から目覚めた時だった。
その日は、この地域では珍しい豪雪
だった。私は1人彷徨っていると
ある男が魔物を狩っているところに
遭遇した。すごくいい動きの魔物を狩るものハンターだった。
だが、魔物の様子が変だったんだ。
奴らは獣より獣だ。ただ、喰らい襲う
しかし、その魔物は知性がほんの僅か
だが垣間見えた。戦っている所を見て
動きに無駄が魔物にしては異常に少なかった。だが、そこに彼の娘メイが
入ってきた。」

「ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く