ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード

ベアーズガーデン

32話 過去を喰らう②

二人は部屋に迎え入れられたあと
ソファーに座った。カートは、ベッドに腰掛た。そして、35秒ほど沈黙が
続いた。まず口を開いたのはガラハッドだった。ガラハッドは「どうして初めて会った時にとぼけた?」と少し問い詰めるような厳しい口調で聞いた。
カートはためらっていたが口を開き
「それは、一年前俺がランスロットであったがためにこの宿の二人を不幸にさせてしまった」と答えた。
その口調は悲痛に満ちていた。
「何があったの?」と
レイヴンは訪ねた。
カートは「話そう…一年前のランスロットと彼女たちの不幸を」た言い、
話し始めた。

「ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く