ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード

ベアーズガーデン

29話 ルーザー②

「ふん…まぁ、よくやった方だな」
とガラハッドはレイヴンを支えながら言った。レイヴンは「もっと早く来ても良かったんじゃない?」と言った。
ガラハッドは「走って、お前ら探すの大変だったんだ。俺の目がなければもっと遅かったろう。これでも早い方だぞ有り難く思え」とレイヴンに返した。
レイヴンは、「有り難く思っておくわ」と返し、赤い宝石をガラハッドに
返した。
一方その頃…「ぐ…ぐはっ…」と言いながらボロボロに敗走しているボールスがいた。「やぁ、久しぶりボールス…」という声がした。振り向いた瞬間、爪の連撃がボールスを襲った。

「ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く