ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード

ベアーズガーデン

28話 ルーザー①

2撃目を当てると水色と青の宝石が1つ
ずつボールスから飛び散った1つはガラハッドの手にもう1つは闇の中に消えていった。「ぐはっ…ぐ…」と言うほどボールスは大ダメージを受けている。
「ぐ…ここは退くしかないな…」と言うと、地面を大剣で砕き砂埃を起こした。一同は地砕きに怯み、砂埃が晴れたときボールスの姿はなかった。その様子を見て「終わったわね」とレイヴンは言うと、アーマーを
解除した。しかし、解除すると
レイヴンはふらつき転びそうになった
それをガラハッドが支えた。

「ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く