ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード

ベアーズガーデン

27話 ポリリズム③

実はボールスが剣を振り下ろした時
緑の宝石の特性である時間操作を発動した。
しかし、レイヴンの力では3秒止めるのが限界だったが、時間は十分だった。
そして時間を止める寸前に
ガラハッドが投げた赤の宝石を避けたと同時に取った。「お前の防御の突破口は見えた!バーディ!」
レイヴンはそう言うと、赤の宝石を装填し、バーディを発動し、
レイヴンは剣鉈を呼び出した。
すると、炎を纏った2本の剣でボールスを斬りつけた。ボールスは氷で
防御を固めている。しかし、一撃目で氷の壁を切り裂き2撃目でボールスを
炎をもって切り裂いた。

「ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ベアーズガーデン

    もし何か伝えたいのであれば
    メッセージをお願いします

    0
コメントを書く