ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード

ベアーズガーデン

23話 ニルヴァーナ②

「なんだこんなガキ一人の為に戦うとは…昔からお前は変わっていた。人の為だとか言っていたな。」とボールスは言った。「望み通り戦ってやる…」とランスロットは言った。
「面白い…良いだろう。目的はガキの方じゃ無くお前の宝石だからな…」
ボールスがそう言うと、ランスロットは黙って構えた。ボールスも構えた。
二人の殺気がぶつかり合う。
レイヴンはダメージが大きくその様子を見守っていた。
先に仕掛けたのはボールスだった。
それに応じてランスロットも仕掛けた。ボールスは自身の剣を振り強力な攻撃をしている。
一方ランスロットは、大振りの攻撃を避け双剣弓そうけんきゅうで、
打ち合っている。

「ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く