ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード

ベアーズガーデン

19話 カム・アズ・ユーアー①

レイヴンとガラハッドはその日の夜に
食事を済ませると宿泊期間を2週間に延長した。代金を割引してもらえたのでレイヴンは上機嫌だ。
「承知いたしましたお客様。」カートはそう言うと店の裏口で搬入の作業をした。「終わりました」とカレンに言うと後ろから「お前かランスロット…」という声がした。
するとその男はカートに攻撃した。ドゴーンという音がしたが、カートは
間一髪その攻撃を避けた。
「このパワーは…ボールスか!争う気はない…失せろ!」とカートもとい ランスロットは言った。 
すると「やはりとぼけてたかランスロット…」とガラハッド言った。
「カートさん!そこをどいて!」とレイヴンが言った。


「ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く