ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード

ベアーズガーデン

18話 ワン・ダイレクション②

「3つメリットがあるぞ。1つめは私は魔物が何処に居るか分かる。
2つめは宝石の性質が分かる
何がどういった性質かが分かる。
3つめは俺の千里眼をお前も使えるだ。」とガラハッドは言った。
それを聞いたレイヴンは、少し考え、
「いいわ…ただし、依頼の分け前は、
7対3よ。」とレイヴンは言った。
ガラハッドは少し考え、今の私には
戦闘は出来ない…宿賃は持ってくれそうだからそれで妥協しよう。
「わかった…ただし宿賃は持ってくれ。」と言った。
レイヴンは「わかったわ…宿賃だけよ」と言った。こうして二人の協定は
成立した。

「ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く