ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード

ベアーズガーデン

17話 ワン・ダイレクション①

「これからどうする?」とレイヴンが
訪ねた。
「暫くの間この町にいたい。恐らく
この町には宝石が複数個ある。」と
ガラハッドは言った。
「あんたとは、一緒にいるメリットはないわよね?それにあんた…さっき
言ったお金はどうするの?」と
レイヴンは言い、続けて
「今までは、成り行きだったけど…」と言った。
ガラハッドは、
「お前が出すんじゃないのか?」と
言った。するとレイヴンが、
「いい?今あんたを放り出して
一文なしの世間知らずにすることだってできるの、あんたと一緒にいて
得られるメリットは何か言いなさい」
と少々語気を荒げて言った。
するとガラハッドはメリットを言い出した。


「ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く