ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード

ベアーズガーデン

16話 イッツ・ユー②

カートは「カレンさん俺が悪いんです。」と言って続けて、
「メイちゃんガラハッドさんは俺を
いじめてなんかないよ俺が失礼なことをしてしまったんだ。」と
女の子に優しく言った。
カレンは「申し訳ありません彼は、不器用なもので」と言った。
メイは「本当は何か言いがかりつけてたんだ!」と言うと奥へ走って行った
ガラハッドは少しムッとした表情をすると、3号室に行った。
ガラハッドはノックした。
するとレイヴンが出てきて、
部屋に迎え入れられた。
それから、ガラハッドは色々
レイヴンにから教わった。
そして、これからどうするかを話し合った。

「ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く