ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード

ベアーズガーデン

15話 イッツ・ユー①

「部屋に行くわよ」とレイヴンが言った。ガラハッドは、「少しここに居たい」とレイヴンに返した。
レイヴンは鍵を投げて、「あんたの部屋は4号室よ。後で私の部屋に来なさい3号室よ。」と言った。
そして、レイヴンが去るのを見て、
「久しぶりだな…ランスロット。」
とガラハッドは若い男に言った。
「ガラハッド様…俺…いえ私は、カートという名前でございます。」と
若い男が返すと、
「とぼけるな!ランスロット!」
とガラハッドは怒鳴った。
すると、奥から
「お客様…カートが粗相そそうを致しましたか?」と30から40代くらいの女の人と
10歳くらいの女の子も一緒に出てきた
「カートさんをいじめないで!」と
女の子は言った。

「ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く