ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード

ベアーズガーデン

14話 グッデイ・サンシャイン②

「ここが宿よ」とレイヴン言った。
今からちょうど宿に入る所だ。
カランカランとドアについてあるベルを鳴らして、ガラハッドとレイヴンは
宿に入った。
「いらっしゃい」と20代位の男が、
迎えた。レイヴンは、ガラハッドと
年齢的な見た目は変わらないなと思った。その時にガラハッドは驚いていた
レイヴンは部屋を頼んでいた為、
ガラハッドの表情に気づいていなかった。
「では、3号室と4号室へどうぞ
鍵は明日の12時のチェックアウトまでにお返しください」と若い男は、
少しぶっきらぼうに言った。
レイヴンは少し人が苦手なんだ
私と同じ人見知りねと思って気にしなかった。
ガラハッドは、相変わらずだなと、
心の中で呟いた。


「ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く